タグ:知多半島 ( 47 ) タグの人気記事

 

ファミリーフィッシング in 知多半島

6月19日、この日は嫁の仕事がお休み。僕も午前中の打ち合わせのみということでキス釣りへ行くことにしました。すると親父が「俺も行く…」。午後からの打ち合わせは???(^^;

場所は、先日から通っている「南知多病院側海岸」
近況から親父のタックルではポイントまで届かない(投げ専用リールではないので)ということで、定額給付金でも買える(笑)投げ釣り用リールを買いにフィッシング遊へ。

買ったリールはコチラ↓↓↓
b0186119_10431921.jpg

値段はPEラインとの組み合わせでも1万円程。
上を見ればキリがありませんが、使用感も軽いし、巻き取りもスムーズでまずまず。
というか、自分が使っているアンティークよりずっといい(笑)
とりあえず子供と投げ釣りでもってお父さんにはオススメかな。

そんなこんなで午後2時頃、現地へ到着。
満潮が午後3時半頃だったので、満潮前後、夕マズメを狙うには程好い時間。
親父が一投目からメゴチ、その後もキスへと繋がり上機嫌。
しかし、嫁はポイントまで届かず・・・
なので自分のタックルを貸し出し。キャストは自分担当、巻き取りは嫁担当と分担することに。
(エサ付けはもちろん僕担当…笑)
すると嫁にもキスがポツリポツリと掛かりだし喜んでいます。

結果↓↓↓は満足と呼べるものではありませんでしたが、少ない時間、少ない投資(笑)で楽しむことができたので良しとしますか。
b0186119_1115546.jpg


自分はちょい投げタックルで4匹でしたが、その内の1匹が・・・
b0186119_11193151.jpg

コレは一体・・・


日付:6月19日(中潮) PM2:00~PM7:00
場所:南知多病院周辺
ロッド:シマノ投げ釣り用ロッド405EX
リール:シマノ投げ釣り用リール5000GT
ライン:ナイロン3号(力糸3号~12号)
オモリ:海草25号、27号
仕掛け:SASAMEアスリートキス7号50本連結(2本バリで使用)
投点:75~90mにてアタリ

釣果

シロギス 極ピン~20,5cm ×10匹(極ピンはリリース)
メゴチ  17cm ×1匹(リリース)
ワタリガニ ?cm ×1匹

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
[PR]

by yoshikichi-v | 2009-06-20 11:30 | 愛知県  

シロギス調査 in 知多半島Day2

6月17日、仕事が流れた為、知多半島へ二日続けてのシロギス調査へ行ってきました。
(前日の釣果はコチラ

入ったポイントは前日(南知多病院)よりも若干南からのスタート。
理由は、前日の下見で潮通しが良さ気に感じたからです。
しかし、数投するも反応なし。底の状態も良くない感じ(泥っぽい?)でしたので、すぐさま移動することにします。
向かった先は、前日調子の良かった「南知多病院」周辺。
(やっぱり釣れた所に足が向いてしまいます…笑)

こちらのポイントでは、先ほどと違い一投目、80mラインで置き竿に明確なアタリ。

でしたが、上がってきたのは15cmクラスのメゴチ。
前日は1匹もメゴチが釣れなかった為、少し不安な気持ちに…。

そんな不安が的中したのか、それ以降パタッとアタリが止まってしまいます。
たまにアタったかと思えば、ハリはなし。釣れたと思えば、フグフグフグ
途中、遊びに来ていたスリランカ人のお兄さん(とっても楽しい人でした)に
「フグはそのまま食べるのですか?」と聞かれる始末(^^;
前日もフグは大漁だったのですが(仕掛けを20組程交換しました…苦笑)、この日は前日の50m付近よりさらに沖、80m以上でもフグが食ってくる感じです。

そんなこんなでフグと格闘をし続けること2時間余り(汗)、フグとは比べ物にならないほど小さなアタリを捉え、やっとこさ13cmの本命を1匹手にします。
前日と同じならば、「アタリなし→フグ→キス→キス→キス→フグ→アタリなし」という感じだったのでここからに期待しますが、この日はその後、全くのノー感じ。フグのアタリすら無くなってしまいました。

時間はもう夕方の5時過ぎ。
夕マズメを狙って場所移動するかしまいか・・・
同じ釣れないならハゼ、メゴチは釣れるであろう内海方面に行き、一発大物狙いも頭をよぎりましたが、同じ様なことを繰り返しても意味が無いと思い、なぜ前日は釣れて、今日は釣れないのかを考えながら続行することにします。


まず初めに考えられるのが「天候」。

前日は荒れ模様(正面からの東南の風)だったのに対し、この日は晴天、無風(ときどき背後からの北西の風)
バス釣り等では、風の当たる側を攻めろ-とよく言われるけれど、キス釣りでも同じなのか?


次に考えたのが「気温」。

この日は、体感温度からして前日と比べて気温は高いはず。
浅場のポイントでは水温上昇が激しいため、キスは沖合いに移動したのか?
(実際、フグは前日に比べて沖で釣れている)


その次が「仕掛け」。

なんらかの理由で活性が落ちたキスに対し、オモリからハリまでの距離は関係するのでは?
これは、後から分かることですが、実際キスが食ってくるハリは全て一番下でした。


そんなことを考えながら釣り続けること数十分。
プルプルとしたキス独特のアタリから上がってきたのは、先程よりひと回り大きい16cm程の本命シロギス。
いつもは竿でサビいてくるスタンスだけれど、この1匹がリールサビキできたので、その後は竿を鋭角に保ち、リールでサビくことに。
すると、80m付近にある藻を抜けたときにアタリが集中。
さすがに前日と違いWとかはないけれど、1、2投で一匹のペースで上がり、最終的には7匹の釣果となりました。

同じ場所、同じ仕掛けに同じエサ。
それでも釣果に倍の差が出るのですから、やっぱ釣りは難しいです。
でも、色々と考えながら釣りをできたので、まずまず楽しいシロギス調査となりました。


日付:6月17日(長潮) PM12:00~PM7:00
場所:知多半島、南知多病院付近海岸
ロッド:シマノ 投げ竿(振出)405EX
リール:シマノ 投げ専用リール
仕掛け:SASAMEアスリートキス50連結7号(2本バリで使用)、アスリートキス7号自作3本バリ
オモリ:海草27号
エサ:石ゴカイ
投点:80m~100mにてアタリが集中

釣果

シロギス ~19cm 7匹
メゴチ 15cm 1匹
フグ ~20cm 仕掛け15本取られるほど(苦笑)


写真撮るのを忘れたのに気づいたのは胃袋に到達した後でした(^^;

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
[PR]

by yoshikichi-v | 2009-06-18 12:18 | 愛知県  

シロギス調査 in 知多半島

前回、前々回とも不調に終わった内海新港でのシロギス。
潮が変われば違う群れが入ってくる可能性はあるものの、数、型共に落ちてしまった現状を踏まえ、今回(6月16日)は同じ知多半島でも反対側、三河湾(知多湾)方面を攻めることにしました。

結果から言えば・・・
b0186119_9423422.jpg

23,5cmを頭に15匹の釣果です。

場所は「南知多病院周辺」。(詳しい地名はわからずすみません)


とりあえず・・・


現場が飛んだので本日も今から行ってきます(笑)


詳しいことは、また後日。

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
[PR]

by yoshikichi-v | 2009-06-17 09:46 | 愛知県  

リベンジのはずが・・・

6月12日金曜日。
この日は午前中で仕事を終えて前回惨敗したウナギへのリベンジで闘志満々。
のはずが・・・
「よしきち、ウナギ釣れんでキスにしよまい。」と、鶴(親父)の一声。
(僕が弱気になったわけではありません…笑)
というわけで、いつもの内海新港へ行ってきました。


が・・・


全然釣れない(--;


翌日の中スポ(だったかな)に「ピンギスと新子ハゼが釣れてくるのみ。」と、載っていたけど、まさにそんな感じ…。(メゴチは釣れてくるんですけどね)
当然、カメジャコエサのぶっこみにもアタリなし。

「群れが移動したんかな…。」

などと、親父と話していたとき、50m程離れた場所で釣っていた方に大物が掛かった模様。
「タモは車の中・・・」
そんな言葉が聞こえてきたので、タモを持って救助に向かう。
時間的には、干潮から少し上げたばかり。
堤防に這いつくばり腕をいっぱい伸ばさなければならず苦労したけど、なんとか収まり任務完了。
上がったのは、60cm超え、名古屋港で釣れるものとは全く違う魚と思えるほど銀色に輝き、肥えた、立派なでした(羨)

前々回はアカエイを目撃し、前回がマゴチとヒラメ、そして今回はスズキと、ここはホント色んな大物が釣れてきますな~。
人が少ない平日or夜ならハゼエサなんかで専門に狙っても面白いかもねェ。

だけど・・・

キスは何処へ???(涙)

日付:6月13日(中潮) PM3:00頃~PM7:30
場所:内海新港(←いままで内海港としていましたが、同じ場所です)
ロッド:投げ竿405cm、360cm
リール:投げ専用リール、スピニング3500番
仕掛け:市販特売品(ハリ流線7号)、中通しブッコミ仕掛け
オモリ:27号、中通し20号
エサ:石ゴカイ、石ゴカイ塩漬け、カメジャコ大、メゴチ、ハゼ

釣果

シロギス 13cm、16cm 2匹
メゴチ ~17cm 8匹

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
[PR]

by yoshikichi-v | 2009-06-15 12:01 | 愛知県  

シロギスを求めて3(後半戦)

投げてはサビキを繰り返すこと5時間(^^;
本命キスは、わずか5匹という釣果に終わった前半戦
たくさんいた投げ師の方たちも干潮潮止まりを迎えて一人、二人と帰っていきます。

キスは足で釣れ-

この言葉に倣うならば、貧果からして場所替えも当然の選択でしょう。
ですが、この日のよしきちにはやりたいことがあったのです。
やりたいこと。それは・・・

活きエサの泳がし釣り~~!!

前半戦は、置き竿にするスペースもなかったので出来ませんでしたが、場所が空いたらやってみよう。そう思ってエサになりそうな子メゴチ、ハゼはバケツで活かしておいたのです。
(通りがかりの人がバケツを覗き見た後の失笑に耐えながら…笑)

とはいえ、今までこんな釣りやったことがありません(^^;
一応、仕掛け(孫針とか付いているやつ)は購入してきましたが、「釣れるかどうかもわからせんのに使うのは勿体ないでかん(笑)」という理由でハリス4号、チヌ針3号の自作一本針ぶっこみ仕掛けで挑戦です。

一投目。
エサとなるメゴチの口に針を付けて、堤防の敷石付近にちょい投げ。
あとは、置き竿にして・・・
そう思って竿を立て掛けようとした時でした。

ゴン ゴ ゴン!!

初めは隣の人とお祭りしたかと思いましたが、次の瞬間竿が激しく突っ込みます。

マ、マジかて?!

大アワセを入れて格闘した末、上がってきたのは↓↓↓40cm以上のマゴチでした!!
b0186119_93839100.jpg

興奮しすぎてサイズを測るの忘れた(笑)

その後は、ハゼ、メゴチ、ハゼ、メゴチ・・・とローテーションさせたり、遠投したりしてみましたが、アタリなし。暗くなる直前、ハゼエサ敷石周りで一度アタリと思えるものを感じましたが、エサだけ取られ釣れませんでした。

一投目で釣れた時には爆釣かと思ったんですけどね~
そんなに甘くはないですな(^^;

えっ、キス?!

隣に活きエサを置き竿にして延々日暮れまで探りましたが、夕マズメに2匹追加するのがやっとでしたとさ。。。(T T
(それでも家族全員本命キスを手にできたので良かったです)

↓↓↓お持ち帰り4人分
b0186119_9525329.jpg

帰り道、行きつけの中華料理屋さんでマゴチお造り、フライ。キスフライにしていただきました。
美味しかった~~。


日付:6月7日(大潮)
場所:内海漁港
ロッド:シマノ投げ竿405cm(キス用)、ダイワ投げ竿360cm(活きエサ用)
リール:シマノ投げ専用リール(キス用)、ダイワスピニングリール(活きエサ用)
ライン:ナイロン3号(共通)
オモリ:海草天秤20号~27号、名古屋天秤15号
仕掛け:投げ釣り特売品(ハリ流線7号)、アスリートキス7号3本針(隣のおじさんからの頂き物…笑)、自作ブッコミ仕掛け(ハリス4号、チヌ針3号)
エサ:石ゴカイ、メゴチ、ハゼ

釣果(自身):シロギス ~17cm×7匹
        メゴチ ~14cm×多数
        マゴチ 40数cm×1匹
        ハゼ ~5cm×6匹

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
[PR]

by yoshikichi-v | 2009-06-09 10:12 | 愛知県  

シロギスを求めて3(前半戦)

6月7日、この日は、先日の下見で調子の良かった知多半島にある内海漁港へ今度は家族と釣行することにしました。
b0186119_11335591.jpg

↑↑↑夕方、内海漁港から師崎方面への眺め(満月が綺麗でした)

家を出て、現地に到着したのは午前6時過ぎ。
すでにたくさんの釣り人で大賑わいでしたので(9割以上が投げ釣り)少しばかりの隙間に入らせてもらい、隣のおじさんに状況を聞くと「日がまだ昇りきる前までは調子良かったけど、今はメゴチばかりだね」とのこと。もう少し早く家を出れば良かったなと思いましたが、言っても今さらなので、なんとか釣れる事を願いながらの釣り開始です。

1投目、2投目、3投目・・・
先日は投げれば釣れる状態だったのに、この日はメゴチすら釣れてくる気配がありません。
「やっぱり時合いが過ぎちゃったのかなぁ…」などと思いながらも、サビくスピードを変えたり、止めてみたりと色々試しながらひたすら投げ込みます。
そんな時間を1時間ほど過ごした頃、40m付近で手にも伝わる待望のアタリ!!
キスのアタリっぽくはなかったけど、ここはなんとか釣り上げて家族の活性を上げたいところ(笑)
しかし、そんな願いも虚しくハリ掛りはしませんでした(涙)

そこで休憩を兼ねながら釣れている人を観察することに…。
すると釣れている人に共通しているのは、「高そうな竿を使っている」「遠くまで飛ばしてサビいている。」ということに気づきます。そこでそれまで20号で投げていた母親、嫁の仕掛けを25号にしてあげることに…。(僕は20号から27号に変更)
すると今度は嫁にもアタリが出たとのこと。それも残念ながらハリ掛りはしませんでしたが、アタリが出れば集中もできるし、しばらくはできる限り遠くまで飛ばす→サビくを合言葉に釣りを再開することにします。

そんな感じで繰り返すこと数投・・・今度は先程の40m付近ではなく、80m付近でアタリ。
さっきは釣りたい殺気が魚に伝わり逃したかもしれないので、今度は「アタリなんて気づいてないよ~」な感じ(笑)でその後もサビいてくると、まあまあサイズのメゴチをゲット!!
キス狙いではありますが、魚種は関係なく、釣れたという事実に若干でも家族の活性を上げることに成功しました(笑)
その後は、オモリを重くしたことが功を奏したのか、嫁、母親ともなんとかメゴチを釣り上げることに成功。(親父は人の言うことを聞かず、延々ルアーロッドでのちょい投げでエサをロストし続けます…苦笑)

一方の僕はというと、フル装備のおじさん(本格派投げ師)に負けんばかりのフルキャストでキスを狙いにいきますが、そこは投げ釣り素人派、おじさんに適うはずもなく飛ぶのはせいぜい120m程度、メゴチラッシュに悩まされます。
しかし、延々サビキ続ける姿を神様が見ていたのか、2時間程繰り返したあたりでやっと本命キスをWでゲットすることに成功しました!!(アタリを感じることがなかったので結構な距離で来たと思います。なにせナイロンラインだから…)
その後は、ポツリ、ポツリとキスが釣れますが、なかなか釣れてる感を味わうことなく干潮を向かえ、前半戦は終了。
結果は、キス5匹、メゴチ多数でした。トホホン
[PR]

by yoshikichi-v | 2009-06-08 12:04 | 愛知県  

シロギスを求めて2

6月3日、仕事を終えた夕方4時。
親父が突如「よしきち、今からキス釣りに行くぞ。」と言い出します。
「え~?! 今から? 風、強て釣りにならんかもしれんに。」と、言いつつもさくさく準備に取り掛かるよしきち。親もバカなら子もまたバカです(笑)
というわけで、今回は知多半島にある内海漁港に出かけました。

↓↓↓釣り場の風景。(参考までにオススメタックルを書いておきました。)
b0186119_1021664.jpg

名古屋高速から知多半島有料道路を経て内海に向かいます。
(名古屋高速が¥550だったんだけど、なぜ? 河村市長のお陰なのかな?)
途中、野間灯台付近のエサ屋「田村釣具店」さんで石ゴカイを1パイ購入し(以前もここで青虫を購入しましたが、ここのエサはとにかく活きがいい気がします。ちょっと値が高い。石ゴカイ¥600ちょっとですが…)1時間ほどで現地に到着。
現地で投げ釣りをやっておられた方に状況を聞くと「ボチボチ釣れているよとのこと」。
風は思ったとおり強いですが、その言葉を聞いて気合が入ります。

そんなこんなで仕掛けをセットして1投目。前日同様、ブン投げからスタートしてみます。

と~う!!

豪腕、江夏豊(古っ…笑)を意識して放ってみるも、向かい風のせいか飛距離は80m弱…。
高校生の頃、ハンドボール投げで60m以上投げた飛ばし屋からすれば物足りないですが、(今度は素手で放ってみようかしら…笑)エサ屋のおじさんも「堤防からならそんなに投げなくても釣れるよ。」と聞いていたので糸ふけを取りアタリに集中します。

すると、竿1本程サビいた70m付近で明確なアタリ!!
昔のバスマンよしきちならば電撃アワセをかましたでしょうが、ここはじっと我慢の子。(過去何回即アワセで失敗したことか…苦笑)さらなる追い食いを狙います。
待つこと数十秒(この間がまだわかりません)、バス釣りで言うところのスイープフッキングを入れてから再びサビキ。
掛け上がり付近でしばらく止め、またサビく。その繰り返しで50m付近まできましたがアタリが出ないので回収すると18cm程の美しいシロギスが掛かっていました♪♪

まさか1投目から釣れるなんて・・・

こんな出会いをしたらロマンティックが止まらなくなってしまいます(笑)

この1匹ですでにハイテンション。なぜか親父も超ハイテンション(爆)。
そんな気分の高まりがサビキに影響するのか、2投目は小ぶりながらもWでヒット!!
前日は永遠放って2匹だったのに、わずか2投で天城越え前日越えとはこれ如何に。♪もう止まらないです(若い人にはわからないから…)
次の3投目は釣れませんでしたが、4投目1匹、6投目1匹と、ほぼ70mラインで釣れてきます。
その頃、親父はというと、エサは取られまくり。仕掛けは切りまくり(投げる場所によってはフグがいるみたいです)。違う意味で止まりません(笑)
その後、少しアタリが止まるものの9投目に40m付近で1匹追加。
10投目に子ハゼを釣ったところでエサも仕掛けも無くなり(苦笑)納竿としました。

着いたのがちょうど夕マズメでしたし、たまたまかもしれませんが、今回の釣行は調査的意味合いが濃かったので、その調査で大満足な結果が得られて良かったです。
投げ釣り初心者のよしきちでさえこうでしたから、お子さんとちょっと釣りでもってお父さん、彼女と釣りデートなんて彼もトイレがある内海漁港はオススメですよ。是非行ってみてください。
ちなみに僕は投点70mほどで数が出ましたが、他の方は30mほどのちょい投げでも釣れているようでした。

b0186119_11103255.jpg

釣れたキスは全てお持ち帰り天麩羅にして食べました(美味だった)

日付:6月3日(若潮) PM5:30~PM7:15
ロッド:シマノ投げ竿4m5cm
リール:シマノ 投げ釣り専用リール(ラインキャパ3号200m)
ライン:ナイロン3号、力糸~12号
オモリ:海藻(?)天秤25号
仕掛け:市販特売品投げ釣り仕掛け7号3本バリ
エサ:石ゴカイ(半分付け)
釣果:シロギス 10cm~18cm×6
    ハゼ   3cm×1

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
[PR]

by yoshikichi-v | 2009-06-04 11:20 | 愛知県