タグ:投げ釣り ( 174 ) タグの人気記事

 

シロギスを求めて3(前半戦)

6月7日、この日は、先日の下見で調子の良かった知多半島にある内海漁港へ今度は家族と釣行することにしました。
b0186119_11335591.jpg

↑↑↑夕方、内海漁港から師崎方面への眺め(満月が綺麗でした)

家を出て、現地に到着したのは午前6時過ぎ。
すでにたくさんの釣り人で大賑わいでしたので(9割以上が投げ釣り)少しばかりの隙間に入らせてもらい、隣のおじさんに状況を聞くと「日がまだ昇りきる前までは調子良かったけど、今はメゴチばかりだね」とのこと。もう少し早く家を出れば良かったなと思いましたが、言っても今さらなので、なんとか釣れる事を願いながらの釣り開始です。

1投目、2投目、3投目・・・
先日は投げれば釣れる状態だったのに、この日はメゴチすら釣れてくる気配がありません。
「やっぱり時合いが過ぎちゃったのかなぁ…」などと思いながらも、サビくスピードを変えたり、止めてみたりと色々試しながらひたすら投げ込みます。
そんな時間を1時間ほど過ごした頃、40m付近で手にも伝わる待望のアタリ!!
キスのアタリっぽくはなかったけど、ここはなんとか釣り上げて家族の活性を上げたいところ(笑)
しかし、そんな願いも虚しくハリ掛りはしませんでした(涙)

そこで休憩を兼ねながら釣れている人を観察することに…。
すると釣れている人に共通しているのは、「高そうな竿を使っている」「遠くまで飛ばしてサビいている。」ということに気づきます。そこでそれまで20号で投げていた母親、嫁の仕掛けを25号にしてあげることに…。(僕は20号から27号に変更)
すると今度は嫁にもアタリが出たとのこと。それも残念ながらハリ掛りはしませんでしたが、アタリが出れば集中もできるし、しばらくはできる限り遠くまで飛ばす→サビくを合言葉に釣りを再開することにします。

そんな感じで繰り返すこと数投・・・今度は先程の40m付近ではなく、80m付近でアタリ。
さっきは釣りたい殺気が魚に伝わり逃したかもしれないので、今度は「アタリなんて気づいてないよ~」な感じ(笑)でその後もサビいてくると、まあまあサイズのメゴチをゲット!!
キス狙いではありますが、魚種は関係なく、釣れたという事実に若干でも家族の活性を上げることに成功しました(笑)
その後は、オモリを重くしたことが功を奏したのか、嫁、母親ともなんとかメゴチを釣り上げることに成功。(親父は人の言うことを聞かず、延々ルアーロッドでのちょい投げでエサをロストし続けます…苦笑)

一方の僕はというと、フル装備のおじさん(本格派投げ師)に負けんばかりのフルキャストでキスを狙いにいきますが、そこは投げ釣り素人派、おじさんに適うはずもなく飛ぶのはせいぜい120m程度、メゴチラッシュに悩まされます。
しかし、延々サビキ続ける姿を神様が見ていたのか、2時間程繰り返したあたりでやっと本命キスをWでゲットすることに成功しました!!(アタリを感じることがなかったので結構な距離で来たと思います。なにせナイロンラインだから…)
その後は、ポツリ、ポツリとキスが釣れますが、なかなか釣れてる感を味わうことなく干潮を向かえ、前半戦は終了。
結果は、キス5匹、メゴチ多数でした。トホホン
[PR]

by yoshikichi-v | 2009-06-08 12:04 | 愛知県  

シロギスを求めて2

6月3日、仕事を終えた夕方4時。
親父が突如「よしきち、今からキス釣りに行くぞ。」と言い出します。
「え~?! 今から? 風、強て釣りにならんかもしれんに。」と、言いつつもさくさく準備に取り掛かるよしきち。親もバカなら子もまたバカです(笑)
というわけで、今回は知多半島にある内海漁港に出かけました。

↓↓↓釣り場の風景。(参考までにオススメタックルを書いておきました。)
b0186119_1021664.jpg

名古屋高速から知多半島有料道路を経て内海に向かいます。
(名古屋高速が¥550だったんだけど、なぜ? 河村市長のお陰なのかな?)
途中、野間灯台付近のエサ屋「田村釣具店」さんで石ゴカイを1パイ購入し(以前もここで青虫を購入しましたが、ここのエサはとにかく活きがいい気がします。ちょっと値が高い。石ゴカイ¥600ちょっとですが…)1時間ほどで現地に到着。
現地で投げ釣りをやっておられた方に状況を聞くと「ボチボチ釣れているよとのこと」。
風は思ったとおり強いですが、その言葉を聞いて気合が入ります。

そんなこんなで仕掛けをセットして1投目。前日同様、ブン投げからスタートしてみます。

と~う!!

豪腕、江夏豊(古っ…笑)を意識して放ってみるも、向かい風のせいか飛距離は80m弱…。
高校生の頃、ハンドボール投げで60m以上投げた飛ばし屋からすれば物足りないですが、(今度は素手で放ってみようかしら…笑)エサ屋のおじさんも「堤防からならそんなに投げなくても釣れるよ。」と聞いていたので糸ふけを取りアタリに集中します。

すると、竿1本程サビいた70m付近で明確なアタリ!!
昔のバスマンよしきちならば電撃アワセをかましたでしょうが、ここはじっと我慢の子。(過去何回即アワセで失敗したことか…苦笑)さらなる追い食いを狙います。
待つこと数十秒(この間がまだわかりません)、バス釣りで言うところのスイープフッキングを入れてから再びサビキ。
掛け上がり付近でしばらく止め、またサビく。その繰り返しで50m付近まできましたがアタリが出ないので回収すると18cm程の美しいシロギスが掛かっていました♪♪

まさか1投目から釣れるなんて・・・

こんな出会いをしたらロマンティックが止まらなくなってしまいます(笑)

この1匹ですでにハイテンション。なぜか親父も超ハイテンション(爆)。
そんな気分の高まりがサビキに影響するのか、2投目は小ぶりながらもWでヒット!!
前日は永遠放って2匹だったのに、わずか2投で天城越え前日越えとはこれ如何に。♪もう止まらないです(若い人にはわからないから…)
次の3投目は釣れませんでしたが、4投目1匹、6投目1匹と、ほぼ70mラインで釣れてきます。
その頃、親父はというと、エサは取られまくり。仕掛けは切りまくり(投げる場所によってはフグがいるみたいです)。違う意味で止まりません(笑)
その後、少しアタリが止まるものの9投目に40m付近で1匹追加。
10投目に子ハゼを釣ったところでエサも仕掛けも無くなり(苦笑)納竿としました。

着いたのがちょうど夕マズメでしたし、たまたまかもしれませんが、今回の釣行は調査的意味合いが濃かったので、その調査で大満足な結果が得られて良かったです。
投げ釣り初心者のよしきちでさえこうでしたから、お子さんとちょっと釣りでもってお父さん、彼女と釣りデートなんて彼もトイレがある内海漁港はオススメですよ。是非行ってみてください。
ちなみに僕は投点70mほどで数が出ましたが、他の方は30mほどのちょい投げでも釣れているようでした。

b0186119_11103255.jpg

釣れたキスは全てお持ち帰り天麩羅にして食べました(美味だった)

日付:6月3日(若潮) PM5:30~PM7:15
ロッド:シマノ投げ竿4m5cm
リール:シマノ 投げ釣り専用リール(ラインキャパ3号200m)
ライン:ナイロン3号、力糸~12号
オモリ:海藻(?)天秤25号
仕掛け:市販特売品投げ釣り仕掛け7号3本バリ
エサ:石ゴカイ(半分付け)
釣果:シロギス 10cm~18cm×6
    ハゼ   3cm×1

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
[PR]

by yoshikichi-v | 2009-06-04 11:20 | 愛知県  

シロギスを求めて

6月2日、浜名湖釣行で余った石ゴカイを手にシロギスを求めて吉崎海岸へ行ってきました。
釣り場の風景は↓↓↓な感じ。
b0186119_9573153.jpg

朝10時、親方(親父)の許しを得て(というか強引に…笑)名古屋を出発。
普段は節約のため国道23号をひた走りますが、この日は平日の昼間ってことで伊勢湾岸道を使い1時間少々で現地に到着。
風も穏やかで絶好の投げ釣り日和な感じ。とはいえ、そこは投げ釣りなんてほとんどしたことがないへっぽこ釣り師なよしきち。本当に投げ釣り日和なのかはわかりませんが(笑)気分だけは「なんだか釣れる気がするぅ~」なのです。

そんなルンルン気分で第1投。
どりゃぁ~~!!
とりあえずおもくそブン投げてみます。

1色・・・2色・・・3色・・・4色・・・

力糸と合わせれば120mは飛んだな。と自己満足。

が・・・

ラインを見るとかな~~り左へ飛んじゃってます(^^;
でもいいんです。釣れる気だけはしてるから(笑)
とりあえず少しサビキ、かけ上がりっぽい所で仕掛けを落ち着かせて2本目の竿の仕掛けを作ります。

すると、すぐさま1本目の竿に「プルプル」とした反応が!!
こ、このアタリはキスに違いない・・・。ほっとけば2匹、3匹と掛かるはず。
そんなポジティブ思考で2本目の仕掛けを作り、今度は正確に真っ直ぐ50~60m程の距離へ投げ込みます。

そして緊張の巻き取り。果たしてキスは3匹(3本針なので)付いているのか・・・

11:34:48 AM ピッ

11:34:49 AM ピッ

11:34:50 AM ピッ

11:34:51 AM ピッ

米ドラマ24な感じな緊張感の中リールを巻き上げると何やら重たい。
浮き上がったオモリの後ろには明らかに生物が付いている。しかも3つとも♪

こ、これは~~~~!!!!

釣り上げてみると、そこには約5cmのメゴチとカレイ、そしてヒトデが付いておりました。
大統領~~~~!!
あの明確なアタリは何?! メゴチ???(T T)

その後は、投げども投げども子メゴチとコースターにもならない子ガレイのオンパレード。
止めてはダメなのかと延々サビいてみるもノーフィッシュ。
午後2時を過ぎたあたりから強風になり、全然投げ釣り日和でなくなる中、微かなアタリを拾ってキスを2匹ゲットし、なんとかボウズだけは免れましたとさ…。
b0186119_117495.jpg

↑↑↑16cmのキス、飲み込まれて死んでしまった子メゴチとピンギスはお持ち帰り。
一番大きなタケノコメバルは磯崎漁港で釣り上げたおじさんがくれました(笑)


釣果:キス ~16cm×2
    メゴチ ~10cm×10数匹
    カレイ ~5cm×数匹

仕掛け:投げ竿4m5cm、オモリ25号、投げ釣り仕掛け特価品3本バリ

投点:この日は50m~70mでキスが釣れました。
ある程度の投げ竿があれば、女性、子供でも大丈夫かもです。

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
[PR]

by yoshikichi-v | 2009-06-03 11:48 | 三重県  

名港~浜名湖釣り歩き

b0186119_1403466.jpg


5月29日、この日は仕事を終えてから父親と名古屋港9号地へ
二匹目のどじょうならぬ二匹目の黒鯛を狙うも、釣れてくるのはちびセイゴばかりなり(^^;
それでも帰り際に親父が50cmUPのマダカをゲット!
まずまずの釣りとなりました。

仕掛け:前打ち、電気ウキ
エサ:青イソメ


5月31日、天気が心配でしたが、朝4時浜名湖(舞阪)へ家族で出発。
…のはずが前日に呑んだくれ。7時にしか起きられず、8時前の出発となりました(苦笑)
名古屋を出たときには激しかった雨も、東名岡崎ICを過ぎた辺りからは上がり、現地へ到着後はほとんど降ることもなく一安心であとは釣るのみ!!この日は母親も一緒だったのでサビキでアジを狙います。
しかし、釣れてくるのは5cmに足りない豆アジと3cm程のちびメバルorz
これではちょっと・・・なのでハリに石ゴカイをつけてサイズアップを狙います。

すると・・・見事にサイズアップ成功!!

でしたが、釣れてくる魚も木っ端グレに変わってしまいました(笑)

まあ、それはそれで20cmもあれば十分引いてくれますし、親父も石ゴカイの前打ちで木っ端グレの入れ食いを堪能しているのでいいんですけど、せっかくここまで来たのだからと時期的に狙い目の食べて美味しいキス釣りへ変更します。

向かった先は表浜?(舞阪堤横の砂浜)。
しかし、嫁、母親では距離を投げれず、釣れてくるのは流れ藻ばかり。
距離を投げると流れサーファーが釣れてきそうなので(笑)投げ釣りは断念。
舞阪網干し場周辺へと戻ります。

しかし、ここも流れが速く釣りづらそう。
オモリを重くすると沈みテトラにすぐ根掛りしてしまいます。
そんなこんなで嫁と僕はハリ結びで大忙し…(^^;
結局、母親が木っ端グレを1匹釣っただけで納竿としました。

こんな感じで釣果には恵まれませんでしたが、(ポイント選択ミスです)青空の下で食べたお弁当と綺麗な夕日は気持ちよかったです♪♪

b0186119_018834.jpg


母、ちょい投げで釣り上げた獲物に会心のひとこと

「このナマコ美味しそうだねぇ~」

そ、それは海毛虫ですから・・・(汗)

仕掛け:前打ち、サビキ(ハリ3号)、投げ釣り
エサ:石ゴカイ、アミエビ


P.S. 舞阪堤(先端)テトラで50cmUPの黒鯛を何枚も上げている人がいました。
やっぱり釣る人は釣るんですねぇ(感動)

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
[PR]

by yoshikichi-v | 2009-06-01 14:50 | 静岡県