<   2009年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

水晶浜キス祭

6月28日、嫁の竿おろしをすべく福井県にある水晶浜へプチ遠征。
b0186119_11475176.jpg

(水晶浜から美浜原発への眺め)

この日は、ボランティアの方々がゴミ拾いをしていました。感謝ですね。

b0186119_11504426.jpg

(嫁のNewタックル シマノ サーフリーダーFVとスーパーエアロEV)

青い海と空にサーフリーダーFVの赤が映えます。
遠目から見ればダイワ・トーナメントキャスター(笑)

b0186119_11583433.jpg

(ピンギスの4連)

ピンギス主体の中に20cm前後が混じる感じです。
午前4時半から納竿した午前9時過ぎまで空振り(仕掛けの素戻り)なしでした♪♪

b0186119_1253624.jpg

(初めて釣ったホウボウ)

こんなのも釣れました。
もう少し大きければお持ち帰りしたんだけどな…(残念

b0186119_1275226.jpg

(お持ち帰りシロギス チャリコは白木で釣ったもの)

この他飲み込まれたピンギス(30匹)ほどもお持ち帰り。
とにかく大漁。小型が多かったけれど、嫁も大満足の竿おろしになりました(^^)/


日付:6月28日(中潮) 満潮AM7:35(三国) AM4:30~AM9:30
場所:福井県水晶浜
ロッド:シマノ エアロキャスト405EX、シマノ サーフリーダーFV405EX
リール:シマノ スーパーエアロGT5000、スーパーエアロEV
ライン:PE1号、PE2号(投げ釣り用)、力糸ナイロン
オモリ:デルナー27号、海草25号(固定)
仕掛け:がまかつF1自作連結(3本~5本バリ)
エサ:石ゴカイ、チロリ、青イソメ

釣果(2人分)

シロギス 極ピン~23cm 70匹以上
メゴチ ~20cm 12匹
ホウボウ 15cm程度 1匹


水晶浜で納竿後、白木漁港、菅浜漁港で30分~1時間程度下見釣り。

白木漁港ではチョイ投げでピンギス入れ食い。

菅浜漁港では、他の方がサビキで小鯵を入れ食いしてました。

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
[PR]

by yoshikichi-v | 2009-06-29 12:28 | 福井県  

河和飛行場跡 de 試釣投

b0186119_1024613.jpg 祝*PE1号装着!
ということで、6月25日、河和方面へ試し投げに行ってきました。
(写真は愛用の哀愁漂う(笑)スーパーエアロGT5000です)

まずは、いつもお世話になっている「美浜海倶楽部」へ石ゴを買いがてら情報収集。
大将曰く(今日の中スポにも載ってましたが)「地元漁師の底引き網(15mラインで)にキスが入り始めたから、飛行場跡ももうじきだよ。」とのこと。(目安は「赤潮」が出始めた頃から-だそうです)
「じゃあ、夕マズメに様子を見てみるよ。」と返事をし、店を出ます。

向かった先は、いつもの「南知多病院そば海岸」より少し南、地図でいうと「海田鼻」という辺り。(海岸に手漕ぎボートが並んでいる所です。)
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

時間はPM3:00過ぎのド干潮。
下は、砂利なので試投には向いてませんが、まずは恐る恐るの第一投(笑)
軽~く放ってみますが、「シュー」っという音と共に4色弱飛んで感動。
言葉にすると「こんなんでここまで?」って感じです。

ゆっくりとサビいてくること半色。
今度は「コココン」という明確なアタリに感動。(やっぱナイロンとは大違いだね)

そして上がってきた獲物(新子ハゼ)を見て妙な感動。
キスのアタリかとオモタ(笑)

b0186119_115691.jpgしばらく軽く投げ、糸を慣らしたところで少し力を込めてみる。
するとブランコ(ドラゴンズ)が大阪ドームで打ったHRのような強烈ライナー(ダメだがね…笑)で5色。
1色サビいた辺で今度は強烈なアタリ!
「こりゃ20cm超えに違いにゃあ!」で上がってきたのが→10cmにも満たない極ピン(苦笑)
これは心臓に悪い(笑)

その後、漁師さんがカニ獲りカゴ(?)を50m付近へ貼り出したので場所移動することにしました。


マル秘情報
ココの300m程沖、棒杭が立っている所に愛知県が入れた誰でも釣り可能な漁礁があるそうです。
昼にはキスが、夜には青イソメのエサで黒鯛が結構釣れるらしい。(平均30~40cm、時には年なしも)ボートをお持ちの方はやってみてはどうでしょうか。(くれぐれも安全に・・・)


b0186119_11522210.jpg次は、前述した「河和飛行場跡」でやってみることにします。
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

ここは初めてですが、満潮時以外はゴミがない所で竿を振れますし、キャスティング練習にはちょうどいい感じ。
(根掛りもないので多本バリも出来そうです)
なので釣果は様子見、キャスティング練習メインの実釣とします。




が、やっぱり釣りたい(笑)



でも、釣れませんでした(爆)



アタリは結構あったんですけどねェ…。
今までアタリ=乗ってたのがPEでアタリがわかるようになった分、乗らないなっていう感じでした。
実際に釣れたキス3匹、メゴチ3匹も皮一枚という状態でしたし、まだ食い気が少ないのかも…。
現実的にこの場所で爆釣になるのは、あとひと潮、ふた潮後って感じかな~

ちなみにメインのキャスティングはというと、どうしてもライナーになってしまいます(^^;
目線を上げて投げたりしたんですけどねェ・・・(あう
こればかりは練習あるのみですな。

b0186119_11435713.jpg

6月25日の釣果(お持ち帰り分)
すべて塩焼き、骨ごと食べました(笑)


日付:6月25日(中潮) PM3:20~PM7:30
ロッド:シマノ エアロキャスト405EX
リール:シマノ スーパーエアロGT5000
ライン:PE1号(力糸ナイロン)
オモリ:デルナー27号
仕掛け:SASAMEアスリートキス7号(2本バリ)
エサ:石ゴ
投点:90~120m

釣果

シロギス ~16cm 4匹(極ピンはリリース)
メゴチ ~18cm 3匹(全てリリース)
ハゼ 新子 3匹(全てリリース)


そういえば、嫁用に「スーパーエアロEV」買いました。(半額だったので…笑)
b0186119_11563527.jpg

竿も買ったらなかんかな~
嫁の竿、親父が折ったし・・・(--;

これで「釣り(ちょい遠出)してもいいよ」と言ってくれれば儲け物(笑)

そんな嫁に頭が上がらないよしきちに同情クリックをお願いします
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
[PR]

by yoshikichi-v | 2009-06-26 12:05 | 愛知県  

「ぐるっと知多半島 二日目(最終日)」

6月21日、漁港のライトが眩しく光り、僕は目を覚ました。
時計を見ると午前3時。前日は午前2時半頃まで釣りをしていたのでほとんど寝れていないけれど、作業の邪魔になってはいけないので慌てて車を移動させる。

外は雨・・・
どこで釣りをしようか考えた末、いつもの「南知多病院海岸」で朝マズメを狙ってみることにする。(朝マズメは一度もやってなかったしね)
南知多病院海岸→

途中、大井にあるコンビニで眠気覚ましのコーヒーと味噌汁、おにぎりを購入。
薄明るくなるまでしばし車で待機。
雨が小降りになることを願いつつ味噌汁をすする。
日本人に生まれてよかった~~(笑)

午前4時過ぎ、未だ雨は降っているものの、道具を出し、仕掛けを結ぶ。
海面を覗くと小さな流れ込みからの濁りが沖に広がっている。
これはちょっと厳しいかな-と思いつつも、午前4時半「ぐるっと知多半島 2日目」をスタート。

数投するも反応なし・・・

少しずつ場所を替えながら投げるも反応なし・・・

もうすでに空は明るくなっている。

やっぱ、濁ってちゃダメか-と諦めていると雨が上がった。

しばらくすると、濁りも徐々にだけれど緩和。
雨が上がり家族の低活性も緩和(笑)
「ちょっと巻かせて…」と母。どうやら前日のココンが忘れられなくなったらしい(笑)
すると僕の竿が「ココン」。13cmとサイズは小ぶりながら本日の1匹目をget♪

「やっと釣れたんだでもういっぺん投げさしゃあ」
アタリを味わいたくてウズウズしている母を制し、もう一投。
その一投でも15cmのキスがヒット。
(巻き上げの最中に水面で「何か」がアタック。朝一トップ、意外と面白かったりして…)

いよいよ時合い突入か?と思うも、母の時合いもすでに突入してしまっている為(苦笑)泣く泣く選手交代。
アタリが出た100m付近狙いで5色へ投入、1色分サビかせる。
すると母も二投連続で「ココン」を堪能。
そこで嫁にチェンジ。嫁も一投で1匹。

そんな姿をじっと見ていた親父だったが、もう堪らないとばかりに嫁から竿を強奪(^^;
(ま、親父タックルで釣ってたんだけどね)
「オレが放ったろか?」という言葉に「アホ」と一言。
目一杯投げるも4色飛ばず・・・。群れが小さいのか手前では釣れない。
というか群れの真ん中に投げて散らしとるんじゃ?(苦笑)

数投してもアタリが出ないので今度は僕が竿を強奪(笑)
一投でキスをヒットさせ朝マズメ釣行を終了としました。


「朝マズメも堪能出来たし、帰ろうか。」そう僕が切り出す前に親父が一言。

「エサ買って富具崎行こう。」

「・・・」

固まる母、嫁、僕(^^;

ま~親父だけ釣れんかったししゃあないか。
ということで、「ぐるっと知多半島」は、まだまだ続きます。
富具崎漁港→

富具崎漁港に着いたのは午前8時半頃。
普段は竿を出す隙間もないほど混み合う人気ポイントですが、この日は雨模様ということもあり場所取りも楽々。
大突堤南角付近に釣り座を構えることにします。(本当は手すりがある南向きに投げたかったのだけれど、親父が・・・苦笑)

着いた早々さくさく準備をしていきり立つ親父を尻目に、朝マズメで釣果を得た親父以外の3人は余裕綽々。
夕食で食べ切れなかったお肉を肴にプチ宴会。
朝から海を見て飲めるって何て幸せなんでしょう♪(笑)

1時間ほど酒盛りをし、余裕で準備をした頃には太陽が燦燦、クソ暑いくらいです。
その暑さに参ったのか、嫁は「クーラー全快で寝てくる」と言い残し釣りをすることなく車へ撤収(^^;
僕もと思いましたが、僕は魚を前にすると寝れないタチなので釣り続けます(バカだ…笑)

一投目

70m付近で「コン!」というアタリと共に小メゴチがヒット。
「お~♪」魚種はともかく釣れれば嬉しい!

すぐに海にお帰りいただき第二投。

「コン!」

メゴチが連続ヒット!!

三投目

「コン!」

メゴチが3連続。

四投目

・・・

五投目

・・・

メゴチとハゼの入れ掛り・・・

六投目

メゴチW

最初は喜べたけれど、手がぬちゃぬちゃ(^^;
ほぼ同じラインで喰ってくる為、目先を変えて50m付近にちょい投げ。

「コン!」(苦笑)

どこへ投げてもメゴチ メゴチ メゴチ
極稀に10cm程のピンギスは付いてくるものの、その比率はメゴチ30:1キスくらい(苦笑)
仕舞いには、いい加減疲れてきたのでボーっと空を眺めたりしてました(笑)

夕方4時頃、ようやく親父も疲れたようで「もうやめようか」。
やっと家に帰れる~~~(笑)
ということで長い長い「ぐるっと知多半島」もようやく終了となったとさ。


日付:6月21日(大潮)AM4:30~PM4:00
場所:南知多病院(AM4:30~AM7:30)、富具崎漁港(AM8:30~PM4:00)
ロッド:シマノ投竿405EX 390EX
リール:シマノ投げ釣り用、ダイワ投げ釣り用
ライン:ナイロン3号、PE2号
オモリ:海草天秤27号、25号
仕掛け:SASAMEアスリートキス7号(2本バリ)
エサ:石ゴカイ
投点:南知多病院(100m以上)富具崎(40m~70m)

釣果

南知多病院 シロギス ~15cm 6匹(自身3匹)
富具崎 シロギス ~10cm 3匹
    メゴチ ~18cm その気になれば束超えできるほど


P.S. 結局、嫁は夕方まで爆睡・・・
しばらく釣りはいいってさ(笑)

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
[PR]

by yoshikichi-v | 2009-06-24 12:39 | 愛知県  

ぐるっと知多半島 初日(夜の部)

たいした釣果は得られなかったものの、家族全員がシロギスを手にして終えた
「ぐるっと知多半島 初日昼の部」
夜もちょびっと釣ってみよまいか-ということでトイレ、水道ががあり、足場も良い「内海新港」へと向かいます。
内海新港はココ→

が、しかし・・・

現場へ到着してみると港への入り口がチェーンで封鎖されている。
(↑↑↑これから行かれる方、注意してくださいね~)
チェーンの下には「6月1ウン日~何月だったっけ」まで封鎖の文字。
(また行ったときにいつまでか見ておきます…汗)
その目の前には、有料駐車場(一日¥1000)があるにはあるのですが(夜間のみならタダで停められる?)、夕食用の食材とカセットコンロをわざわざ運ぶのも億劫ってことで、コチラもトイレがある「富具崎漁港」の様子を見に行きます。
富具崎漁港はココ→

が、またしかし・・・
富具崎漁港へ到着する前から雨が降り出しました。
雨が降ることは予測できたのでレインスーツを用意はしてきているものの、雨の中で食事ってのもね…(^^;
そこで南へ逆戻り、最終的には漁港に屋根があり、車が横付けできる「豊浜漁港」を本日のネグラとします。
豊浜漁港はココ→

豊浜に到着後、まずは「釣り桟橋」で何が釣れているか情報収集することに。
何人かの方に話を聞きましたが、ほとんどの方がアミエビコマセのサビキ釣りでアジ狙い。
その中のひとりが魚を見せて下さり、15cm程のアジを数匹持ってみえました。
釣り方は、磯竿にスピニングリール。サビキ仕掛けで下コマセカゴというシンプルな物。
ただ他の方と違った点は、6m以上の長竿(やたら長く見えたけど…)を使用しているという点。
短い竿でも釣れるは釣れるよ-と仰っていましたが、長竿の方が型が良いそうです。
この日は、大風の影響か投げサビキでやっている方はいませんでしたが、穏やかな日で型を狙うのであれば、投げサビキも有効ではないでしょうか。

他、漁港内では、ブッコミでアナゴ、電気ウキでセイゴ、エギでタコ、ワームでメバル等々・・・
様々な釣りをされている方々と話をさせていただきましたが、どの方もイマイチとのこと。
僕は、霞埠頭スタイル(ぶっこみアナゴ、電気ウキセイゴ)で攻めてみるも全くのノー感じ。
電気ウキの棚を底に取ってようやくメバルが3匹釣れたのみでした…とほほん。
(胴付き瑚産エビで真剣にメバルを狙えば釣れると思うけど…)


途中・・・


タコ来た~~!!


と思ったのですが、釣れたのは


軍手(TT


指の部分が足に見えた(笑)


あっちへ行ったり、こっちへ来たり・・・
「ぐるっと知多半島」というより「うろうろ知多半島」って感じで疲れた夜の部でしたが、昼に釣ったアンド頂いたシロギスを外で塩網焼きできたこと。名古屋にいては味わえない時間は、僕にとってとても貴重な物となりました。

まさにプライスレス♪♪ですね(楽)


あっ、そうそう。
漁港内(明かりがあるところ)では、たくさんの方がカニをタモで掬ってましたよ。
ワタリガニは少ないようでしたが、モガニ(?)はウヨウヨ。
陸の上、座って釣っていた僕の目の前に歩いてくるヤツもいたり。(思わず捕まえちゃった…笑)
大潮の満潮なら水位が高いし、お子さんを連れてカニ取りなんてのも面白いかもね~
ただ、水面を覗き込むことになるので安全面だけは気をつけてあげて下さい!

では、では。
明日は、「ぐるっと知多半島 二日目(最終回)」をお届けできればと思ってま~す。
あっ、釣果は期待しないでね(笑)


日付:6月20~21日(大潮) PM11:00~AM2:30
場所:豊浜漁港(漁協前?)
ロッド:オリンピック磯竿遠投4号4,4mなど
リール:中型スピニングリール
糸:道糸ナイロン3号、ハリスフロロ1,2~2号
仕掛け:手製ぶっこみ仕掛け、電気ウキ仕掛け
エサ:青イソメ、石ゴカイ

釣果

メバル ~12cm 3匹
軍手 手のひらサイズ 1匹(笑)

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
[PR]

by yoshikichi-v | 2009-06-23 12:18 | 愛知県  

ぐるっと知多半島 初日(昼の部)

6月20、21日、毎度の知多半島へ家族(親父、母、嫁)で行ってきました。
(本当は敦賀方面へ行くつもりも天候不順で断念…あう)
家を出たのは20日夕方の4時。
夕マズメを狙っていつもの「南知多病院そば海岸」へ。
ポイントはココ

現場に着くと常連さんが竿を出していたので状況を聞くと、
「朝マズメもやったけど、ピン(小型)が多いね~。」と言いつつ、話をしている間に1匹、2匹と上げていく。さすがは僕の勝手なお師匠さん(笑)
投点も聞くと「100m前後でアタリが多いよ」とのこと。
嫁、母では厳しいけれど、人が状況を聞いてる間にも、さくさく準備してるから、まいっか(笑)
まずは、自分達でやらせてみよ~っと。
(投げ釣りは投げるのもまた楽しみのひとつだからね)
そんな感じで「ぐるっと知多半島」はスタートしました。

スタート直後、まずは親父が先制のヒット。(小型15cm)
これが続けばいいのですが、その後沈黙。
ポイントまで届いているであろう僕もさっぱり。(母と嫁は、毎投海藻との大激闘…笑)
その上、強風のためナイロンラインではアタリもわかったもんじゃない。

そこで一考。
「親父、手洗いバケツの水入れ替えてきてくれん?」
「え~よ~」と車へ向かう父。
(この場所は海岸へ降りれず、海水がその場で汲めないのが難点です)
その隙に親父のタックルを奪う(笑)

そして「投~~!!」
さすがはPE細糸(といっても初心者でも安心の2号ですが)、風にも負けず楽々の4色。
ココンというアタリと共に17cmのシロギスgetです。

「あ"っ」
車から戻って唸った親父ですが、時すでに遅し。
親父タックルに群がる一家。
次の一投でも小ぶりシロギスを捕獲し、我が家の時合い突入(笑)

次からは、僕が投げ母が巻く係。
それまでは、違った意味で藻に臥していた母(笑)も「コンコン来た」とご満悦。
(母はアタリの感触が大好きなのです)
2投連続で本命キスを釣り上げ嫁と選手交代。

一方、投げるのが好きな嫁は、1匹釣り上げるもテンション低め(^^;
やれば出来る子だし(旦那バカ?)投げれるタックルを買ったらなかんな~と思いました。

そんな感じで「ぐるっと知多半島 初日(昼の部)」は終了。
釣果は、親父1匹、母2匹、僕2匹、嫁1匹の6匹でした。

P.S. 「今夜は泊まりで…」と、師匠と話していたら、「じゃあ、僕が釣ったキスも家族で食べなよ」と言って何匹もキスを下さりました。この場を借りて師匠ありがとう!


日付:6月20日(中潮) PM5:30~PM7:30
場所:南知多病院そばの海岸
ロッド:シマノ投げ釣り専用ロッド
リール:シマノ投げ釣り専用、ダイワ投げ釣り専用定額給付金リール(笑)
ライン:ナイロン3号、PE2号(力糸3~12号)
オモリ:海草25~27号
仕掛け:SASAMEアスリートキス50本連結(2本バリ)
投点:100m前後

釣果(4人)

シロギス ~17cm 6匹
メゴチ ~15cm 1匹

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
[PR]

by yoshikichi-v | 2009-06-22 12:27 | 愛知県  

ファミリーフィッシング in 知多半島

6月19日、この日は嫁の仕事がお休み。僕も午前中の打ち合わせのみということでキス釣りへ行くことにしました。すると親父が「俺も行く…」。午後からの打ち合わせは???(^^;

場所は、先日から通っている「南知多病院側海岸」
近況から親父のタックルではポイントまで届かない(投げ専用リールではないので)ということで、定額給付金でも買える(笑)投げ釣り用リールを買いにフィッシング遊へ。

買ったリールはコチラ↓↓↓
b0186119_10431921.jpg

値段はPEラインとの組み合わせでも1万円程。
上を見ればキリがありませんが、使用感も軽いし、巻き取りもスムーズでまずまず。
というか、自分が使っているアンティークよりずっといい(笑)
とりあえず子供と投げ釣りでもってお父さんにはオススメかな。

そんなこんなで午後2時頃、現地へ到着。
満潮が午後3時半頃だったので、満潮前後、夕マズメを狙うには程好い時間。
親父が一投目からメゴチ、その後もキスへと繋がり上機嫌。
しかし、嫁はポイントまで届かず・・・
なので自分のタックルを貸し出し。キャストは自分担当、巻き取りは嫁担当と分担することに。
(エサ付けはもちろん僕担当…笑)
すると嫁にもキスがポツリポツリと掛かりだし喜んでいます。

結果↓↓↓は満足と呼べるものではありませんでしたが、少ない時間、少ない投資(笑)で楽しむことができたので良しとしますか。
b0186119_1115546.jpg


自分はちょい投げタックルで4匹でしたが、その内の1匹が・・・
b0186119_11193151.jpg

コレは一体・・・


日付:6月19日(中潮) PM2:00~PM7:00
場所:南知多病院周辺
ロッド:シマノ投げ釣り用ロッド405EX
リール:シマノ投げ釣り用リール5000GT
ライン:ナイロン3号(力糸3号~12号)
オモリ:海草25号、27号
仕掛け:SASAMEアスリートキス7号50本連結(2本バリで使用)
投点:75~90mにてアタリ

釣果

シロギス 極ピン~20,5cm ×10匹(極ピンはリリース)
メゴチ  17cm ×1匹(リリース)
ワタリガニ ?cm ×1匹

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
[PR]

by yoshikichi-v | 2009-06-20 11:30 | 愛知県  

シロギス調査 in 知多半島Day2

6月17日、仕事が流れた為、知多半島へ二日続けてのシロギス調査へ行ってきました。
(前日の釣果はコチラ

入ったポイントは前日(南知多病院)よりも若干南からのスタート。
理由は、前日の下見で潮通しが良さ気に感じたからです。
しかし、数投するも反応なし。底の状態も良くない感じ(泥っぽい?)でしたので、すぐさま移動することにします。
向かった先は、前日調子の良かった「南知多病院」周辺。
(やっぱり釣れた所に足が向いてしまいます…笑)

こちらのポイントでは、先ほどと違い一投目、80mラインで置き竿に明確なアタリ。

でしたが、上がってきたのは15cmクラスのメゴチ。
前日は1匹もメゴチが釣れなかった為、少し不安な気持ちに…。

そんな不安が的中したのか、それ以降パタッとアタリが止まってしまいます。
たまにアタったかと思えば、ハリはなし。釣れたと思えば、フグフグフグ
途中、遊びに来ていたスリランカ人のお兄さん(とっても楽しい人でした)に
「フグはそのまま食べるのですか?」と聞かれる始末(^^;
前日もフグは大漁だったのですが(仕掛けを20組程交換しました…苦笑)、この日は前日の50m付近よりさらに沖、80m以上でもフグが食ってくる感じです。

そんなこんなでフグと格闘をし続けること2時間余り(汗)、フグとは比べ物にならないほど小さなアタリを捉え、やっとこさ13cmの本命を1匹手にします。
前日と同じならば、「アタリなし→フグ→キス→キス→キス→フグ→アタリなし」という感じだったのでここからに期待しますが、この日はその後、全くのノー感じ。フグのアタリすら無くなってしまいました。

時間はもう夕方の5時過ぎ。
夕マズメを狙って場所移動するかしまいか・・・
同じ釣れないならハゼ、メゴチは釣れるであろう内海方面に行き、一発大物狙いも頭をよぎりましたが、同じ様なことを繰り返しても意味が無いと思い、なぜ前日は釣れて、今日は釣れないのかを考えながら続行することにします。


まず初めに考えられるのが「天候」。

前日は荒れ模様(正面からの東南の風)だったのに対し、この日は晴天、無風(ときどき背後からの北西の風)
バス釣り等では、風の当たる側を攻めろ-とよく言われるけれど、キス釣りでも同じなのか?


次に考えたのが「気温」。

この日は、体感温度からして前日と比べて気温は高いはず。
浅場のポイントでは水温上昇が激しいため、キスは沖合いに移動したのか?
(実際、フグは前日に比べて沖で釣れている)


その次が「仕掛け」。

なんらかの理由で活性が落ちたキスに対し、オモリからハリまでの距離は関係するのでは?
これは、後から分かることですが、実際キスが食ってくるハリは全て一番下でした。


そんなことを考えながら釣り続けること数十分。
プルプルとしたキス独特のアタリから上がってきたのは、先程よりひと回り大きい16cm程の本命シロギス。
いつもは竿でサビいてくるスタンスだけれど、この1匹がリールサビキできたので、その後は竿を鋭角に保ち、リールでサビくことに。
すると、80m付近にある藻を抜けたときにアタリが集中。
さすがに前日と違いWとかはないけれど、1、2投で一匹のペースで上がり、最終的には7匹の釣果となりました。

同じ場所、同じ仕掛けに同じエサ。
それでも釣果に倍の差が出るのですから、やっぱ釣りは難しいです。
でも、色々と考えながら釣りをできたので、まずまず楽しいシロギス調査となりました。


日付:6月17日(長潮) PM12:00~PM7:00
場所:知多半島、南知多病院付近海岸
ロッド:シマノ 投げ竿(振出)405EX
リール:シマノ 投げ専用リール
仕掛け:SASAMEアスリートキス50連結7号(2本バリで使用)、アスリートキス7号自作3本バリ
オモリ:海草27号
エサ:石ゴカイ
投点:80m~100mにてアタリが集中

釣果

シロギス ~19cm 7匹
メゴチ 15cm 1匹
フグ ~20cm 仕掛け15本取られるほど(苦笑)


写真撮るのを忘れたのに気づいたのは胃袋に到達した後でした(^^;

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
[PR]

by yoshikichi-v | 2009-06-18 12:18 | 愛知県  

シロギス調査 in 知多半島

前回、前々回とも不調に終わった内海新港でのシロギス。
潮が変われば違う群れが入ってくる可能性はあるものの、数、型共に落ちてしまった現状を踏まえ、今回(6月16日)は同じ知多半島でも反対側、三河湾(知多湾)方面を攻めることにしました。

結果から言えば・・・
b0186119_9423422.jpg

23,5cmを頭に15匹の釣果です。

場所は「南知多病院周辺」。(詳しい地名はわからずすみません)


とりあえず・・・


現場が飛んだので本日も今から行ってきます(笑)


詳しいことは、また後日。

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
[PR]

by yoshikichi-v | 2009-06-17 09:46 | 愛知県  

リベンジのはずが・・・

6月12日金曜日。
この日は午前中で仕事を終えて前回惨敗したウナギへのリベンジで闘志満々。
のはずが・・・
「よしきち、ウナギ釣れんでキスにしよまい。」と、鶴(親父)の一声。
(僕が弱気になったわけではありません…笑)
というわけで、いつもの内海新港へ行ってきました。


が・・・


全然釣れない(--;


翌日の中スポ(だったかな)に「ピンギスと新子ハゼが釣れてくるのみ。」と、載っていたけど、まさにそんな感じ…。(メゴチは釣れてくるんですけどね)
当然、カメジャコエサのぶっこみにもアタリなし。

「群れが移動したんかな…。」

などと、親父と話していたとき、50m程離れた場所で釣っていた方に大物が掛かった模様。
「タモは車の中・・・」
そんな言葉が聞こえてきたので、タモを持って救助に向かう。
時間的には、干潮から少し上げたばかり。
堤防に這いつくばり腕をいっぱい伸ばさなければならず苦労したけど、なんとか収まり任務完了。
上がったのは、60cm超え、名古屋港で釣れるものとは全く違う魚と思えるほど銀色に輝き、肥えた、立派なでした(羨)

前々回はアカエイを目撃し、前回がマゴチとヒラメ、そして今回はスズキと、ここはホント色んな大物が釣れてきますな~。
人が少ない平日or夜ならハゼエサなんかで専門に狙っても面白いかもねェ。

だけど・・・

キスは何処へ???(涙)

日付:6月13日(中潮) PM3:00頃~PM7:30
場所:内海新港(←いままで内海港としていましたが、同じ場所です)
ロッド:投げ竿405cm、360cm
リール:投げ専用リール、スピニング3500番
仕掛け:市販特売品(ハリ流線7号)、中通しブッコミ仕掛け
オモリ:27号、中通し20号
エサ:石ゴカイ、石ゴカイ塩漬け、カメジャコ大、メゴチ、ハゼ

釣果

シロギス 13cm、16cm 2匹
メゴチ ~17cm 8匹

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
[PR]

by yoshikichi-v | 2009-06-15 12:01 | 愛知県  

うな丼が食べたい!

ということで(タイトル)6月11日、天然ウナギを求めて親父と木曽三川へ行くことに…。
やる気十分、食欲十分、だけど知識は不十分・・・
なにせ僕も親父もウナギを釣ったことがないというより、釣りに行ったことすらないのです(笑)
てなわけで、まずは情報収集、飛島にある「太平堂」さんへ向かいます。

その太平堂の大将はとても親切でとっても優しいおじさん。
ポイントから仕掛け、そして投げても千切れないカメジャコのつけ方等、色々と丁寧に教えてくれます。
中でも勉強になったのが、「ハリはウナギ針ではなくて丸セイゴ針(13号程度)の方がいいよ。」とのこと。この方が「カメジャコが飛ばない」アンド「キビレやマダカも掛かりやすい」って事でした。
なるほど・・・。前回、キス仕掛けをくれたおじさんもハリの違いについて色々教えてくれましたが、やはり上手な人は細かな違いまで考えてるから釣れるんですねぇ(納得)

よし、これで情報はバッチリ! あとは釣るだけです。

親父と相談した結果、釣り場は長良川河口堰下↓↓↓と決めました。
b0186119_945874.jpg

美しい夕日を眺めながらの第一投。

投!!

「あれ?!」

オモリの先にカメジャコが付いていなかったような・・・
即、巻き上げてみるとやっぱり付いてません(^^;

一応、自分では太平堂のおじさんに聞いたとおりにやったつもりなんだけどな…。
親父に確認すると「同じ抜くんでも尻尾の硬いとこで抜かなかん」って言われました。
やはり細かなこと大切です(苦笑)

恐る恐るの第二投(笑)

今度はオモリの先にしっかりとカメジャコ君が付いております。
よし、あとはかけ上がり付近で待つのみ。
親父と合わせて4本の竿をブッコミ、アタリを待ちます。


・・・


・・・


太平堂のおじさん曰く「アタリがあってもなくても10分毎にエサ確認した方がいい」との事でしたので、自分が放り込んだ竿は確認しますが、カメジャコになんの変化もありません。(親父は放置プレイです…笑)

綺麗だった夕日も落ち、そろそろキテもいいんだけどなぁ…。と思ったとき、ずっと放置してあった親父の竿にアタリらしきものが!!
親父が合わせると見事フッキング。竿が相当しなっている。
初めはウナギに違いないと思ってはいたものの、途中で思う。

「ウナギってこんなに引く???」

親父もそう思ったらしく

「エイだぞ。たぶん・・・」

エ、エイですか?!(汗)

暗闇の中、エイの恐怖に怯えながら格闘すること数分。
暴れた隙に一瞬見えた魚体は銀色でしかもデカイ!!

マダカ~~!!

慌てて念のために持っていったタモを取り、一気に掬う。

よっしゃ~~~~!!

上げて見ると


タモの中には


なんとも立派な


ニゴイ↓↓↓がおりました(苦笑)


b0186119_10285965.jpg

今、思えばエラアライせんかったもんね(^^;

その後、カメジャコを食いちぎられること一度、脳ミソ(?)だけを喰われること二度ありましたが、正体は掴めず、 ズボ ズウボ・・・
久しぶりにタコってしまいましたとさ。
帰ってからは、うな丼ではなくカレーライスで腹を満たし、リベンジすることを誓いました。

カメジャコ余ったし、今日も・・・。(やっぱ内海マゴチにしようかな…弱気)

日付:6月11日(中潮) PM6:30~PM10:45
場所:長良川河口堰
ロッド:投げ竿405cm、390cm
リール:スピニングリール3000番、3500番
仕掛け:中通しオモリ20号ブッコミ仕掛け
ハリ:丸セイゴ13号(ハリス4号)
エサ:カメジャコ大

釣果:0

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
[PR]

by yoshikichi-v | 2009-06-12 10:49 | 三重県