南伊勢投げ釣り放浪記(二日目)


2011年4月17日。
放浪二日目となるこの日も三重県・南伊勢からの投げ釣りです!
(投げ釣り情報満載、シロギスの開幕チェックはコチラから^^ )





b0186119_18325821.jpg






勘の臭さ(笑)が的中し、良型を手にした放浪初日
二日目も良型を釣りたい所ではありますが、そんなに簡単ではないでしょうから、
とりあえずは、

次へのポイントチェックとお土産確保・・・

このふたつを目標に二日目は挑んでみようと思います^^


はてさて、そんな二日目最終日はどんな放浪になったのか?!
続きは↓↓↓>>つづきからご覧下さい^^




訪問ありがとうございますm(^^)m
ランキングに参加中ですので、ポチッと応援よろしくおねがいしま~す♪♪

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ







前日の釣りを終えた草履取り夫婦は、T山さんが待つ○○へと向かいました。
こちらには正月以来のN村さんとお友達もみえて、皆で宴会しましょう!って事に♪♪





b0186119_18362180.jpg






話は当然、釣りの事・・・


かと、思いきや。
飲んでもいないのに酔っ払ってる?T山さんの出ベソの話などなど。

見せましょうか?

って、、、おっさんのへそなんて見たないですよ~!笑
などと、皆で爆笑しっぱなしの夜となりました^^




翌朝6時前。
とある公園で目覚めた草履取り夫婦は、T山さんの居る釣り場へと向かいます。
この日はここで所属クラブの例会を行うとの事で、お仲間の方々は既に投げモード。

コーヒーを飲みながら30分程様子を伺っていると、幸先良くキスを釣り上げている方の姿…。
ご一緒に投げさせてもらおうかなぁ-などと思いながらも、お邪魔してはいけませんし、
またご一緒しましょう(^^!と、その場を離れることにしました。





b0186119_1836365.jpg






向かう先は、、、どこにしよう^^;

前日とは違い、行程を全く描いていなかったので行くアテがない。汗
まぁ、こっち方面はよく知らないし、、新規場所でも探してみましょうか。

メイン道から細い路地、Uターンを繰り返し、ウロウロすること30~40分。
前日から釣りよりもドライブしている感じです。笑


良型の道は一日にして成らず-


草履取りはともかく、道標になってくれる方に感謝しなければm(*_ _*)m

そうこうしている内に嫁がボソッと「車に酔った」。
これといった良さ気な場所は見つけられませんでしたが、そろそろ場所を決めないと、、、





b0186119_18364877.jpg






結局、定番ポイント「下津浦」でのお土産確保となりました。


去年は二度ほど入り、キスの顔を見ることすら出来なかった同所ですが、今年はこれで三回目。
漸く攻め方というものがわかってきたかな~?って感じで、、、
一投目に中型、二投目に小型、三投目のテカミを挟んで四投目もキスと順調にカウント。

そこそこの水深があるとはいえ、さすがに同じ所へ投げ続けるとアタリは止まりますが、
今度は違った方向へ同じような攻め方をしてやれば、


ゴッゴゴン!!





b0186119_1837958.jpg






中型サイズの鱚チャンGET!!^^


しばらくはこっちで投げて、元の場所へ戻っての繰り返し。
サイズはあまり望めませんので、二本針で一匹ずつ。
アタリを楽しむ釣りですが、それでも一時間ほどで9匹と、理想的な展開かな。


あと一匹釣ったら移動しよ~( *^0^)y━~~
なんて、タバコに火を点け余裕をかましている所にコッとした前アタリ。
一呼吸置いて・・・




ドドッドドドドン!!!!




必要以上にテンションを掛けてしまい、乗ってな~~いT_T
良型独特の前アタリに気づいたのに、、、最近、よくやらかすパターンでしたorz


こうなると、不思議なことに良型はおろか小型のアタリすらなくなり、
ラスト一匹を釣るまでに一時間もの時間を費やす羽目に。
最後は、意地になって潮が引いた浜まで降りて漸くのツ抜けとなりました(^^;

けど、自分達で食べる分のキスは確保できたし、あとは新規場所でも釣査して…。
ってことで、下津浦を後にし、同じく南勢町の「さざら浦」へと、行ってみます。





b0186119_18372119.jpg






こちらさざら浦は、釣り堀や釣り筏などが点在し、あの有名な辨屋はここにあるんだ-なんて。

その辨屋の駐車場を通るとき、何やら見慣れた車を発見( ̄ー ̄?).....??アレ??
その方に連絡してみると・・・

「今日は、真鯛だ、真鯛~!!そろそろ筏から投げてみるわ~笑」

ですって、、、ヾ(- -;)ヲイヲイ
とにもかくにも、真鯛は好釣の様子で漁師さんから大ギスの秘釣り場を聞いたとか。

その○秘場所を見て来て!との事ですが、、、

「とりあえず、突堤の釣査を先にさせて下さいm(-▽-;)m」
そう告げて、突堤へ向かう事に。


朝から寝っぱなしの嫁を車に残し、さざら浦での初挑戦。
良型が出るならミオ筋かテトラ絡みかなぁ?
そんな感じで内外を三投くらいずつ投げてみますが、どうやら鱚チャンはお留守?の様子。


というか、、、


投げるたんびの岩付き昆布で、なんだかテンションが(TT)↓↓↓
たぶん、その中にある砂地で出るんでしょうけどねぇ。

先の下津浦では頻繁にアタってただけに粘る気も起きず、移動。
降って湧いた○秘ポイントへと向かいます。


少しばかり小移動をし、車を停めて歩くことしばし。
階段から護岸上へと上り、下にある浜で間違いないで…しょ???










って、、、水が干上がってあれせんですやん(-o-;










いくら数寄者でも、水がない所は…。笑

これにて低かったテンションがさらにダウン(-_-;
もうひと場所ほど探るつもりではありましたが、午前11時、根気も失せて早めの納竿となりました。





b0186119_18373545.jpg






こんな感じで終えた今回の放浪二日間。
二日目の釣果は、草履取りは“ツ抜け”の10匹、嫁はずっと爆睡“ふ抜け”で0匹。笑
(サイズは16cm~20cm)

二日目は、真鯛に遊んでもらった方に騙されて?の納竿となったわけですが、
真鯛といえば、前日の宴会にもその話が上り、


真鯛を釣る人って、よく“ジャフ”に掛けるじゃん?!あれって何で?


(◎_◎) ン?・・・・
意味不明な嫁の言葉に固まる他5名の男達。笑




話を聞けば、(真鯛じゃなくて)黒鯛にストリンガーを掛けるのは何で?
って事だったらしいのですが、、、




「真鯛が大き過ぎて上がりません!」










JAFにそんな電話するヤツぁおらんやろ~~爆










大体が、ストリンガーと間違えたにせよ“ジャフ”じゃなくて“ギャフ”だし(*≧m≦*)ププッ


そんな、今回も嫁の天然っぷりが弾けた放浪でしたが、
海の季節は確実に進んでいる、そんな事も感じた放浪となりました。
もうじき訪れるGW、皆さんも元気に出かけましょう!!




おしまい




最後までご覧頂きありがとうございましたm(^^)m
カタカナに弱い事が判明した嫁へ、ポチッと応援よろしくお願いしま~す。笑

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
[PR]

by yoshikichi-v | 2011-04-20 19:22 | 三重県  

<< 知多半島、開幕釣査放浪記 南伊勢投げ釣り放浪記 良型の香... >>