一泊二日、投げ釣り敦賀釣行 彷徨いの初日


2010年5月8~9日。
GWにまともな釣りを出来なかった鬱憤を晴らすべく、一泊二日で敦賀へ投げ釣りに行ってきました^^
(東海地方の釣り情報満載ブログはコチラから)


b0186119_17192036.jpg



最後に敦賀へ訪れたのは、まだGW前の4月25日。
その前が4週連続だったので、なんだか久しぶりのような、、、笑

僕が来られなかったGWには、チョイ悪から大悪に変わったあるおじさん(笑)が良形を釣った-とのこと。
今釣行の前日には、4月の例会で“変態”と化した会長(笑)からも良形写真が貼られたEメール。


う~~~~わっちゃ!!(何?)


恥ずかしながら、投げ釣りでは25cm以上のキスを釣った事がない草履取り。
正直、、、ウラヤマシスォ(>_<)

今回は、絶対良形釣っちゃるけん!
見ておろけぇ(-0-)/


はてさて、、、草履取りにも良形キスが釣れたのか?
詳細は>>つづきからご覧くださいm(^_^)m


訪問ありがとうございます^^
ランキングに参加中ですので、ポチッと応援よろしくお願いしま~す。

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ







5月8日、午前2時15分。
眠たい目をこすりながら自宅を出発、敦賀へ向け車を走らせます。

まだ暗い午前4時半、現地に到着。
ヘッドライトの明かりを頼りにポイントへ。
まずはGWに良形が釣れたという場所からこの日の釣りをスタートすることにしました。


最近お気に入り、発泡オモリを付けての第一投!
5色半から探ってみます。

プルプル… プルプル…

アタリはあるけど、なんだか小さいぞ?!
案の定、この一投はハリ掛りせず。
しばらくアタリはあるものの乗らない時間を過ごします。


最近多いこの展開。
やはり発泡オモリの出来が悪いのかな?
それとも今まではこのアタリに気づいていなかった?

ハリを5号にサイズダウン。天秤も新たに作った固定天秤へチェンジ。
これで少しは乗りが良くなるかな?


・・・


釣り開始から約一時間、、、
小さなアタリで釣れたのは、やはり小さな鱚チャンでした^^;


b0186119_1722029.jpg



釣りたいのは君じゃないヨ~(><

海辺まで行って優しくリリースするもひっくり返るピンギスちゃん。
上空にトンビでも居れば、あっという間に持ち去っていくのでしょうが、イケテナイ、ツレテナイ釣り師のそばには、トンビも寄って来ませんわ。苦笑
可哀想なのでバケツで回収。食べさせていただくことにします。




一方、一投目からの根掛り、オモリを失いやさぐれていた嫁(笑)にもようやく、、、
こちらも良形と呼べるようなサイズじゃありませんが、胃袋を満たす家計の足しになってもらいます。笑


b0186119_1722423.jpg



その後は、嫁が一匹追加したのみ。
草履取りにはアタリすらなくなってしまう厳しい展開。

たまに変なアタリが来たかと思えば、、、


グ~ン グ~~ン グ~~~~ン


b0186119_1723827.jpg



またしてもイカっちゃいましたorz

今回は、ハリ掛りまでいったんだけどなぁ。
100m以上連れてくるのは、やはり無理があるようです。涙




25cm以上のキスを目論んだポイント選びでしたが、良形はおろかキス自体を釣ることが困難なこの日。
他の釣り場はどうだろう?と、当日松原で投げておられたIさんに連絡してみます。

「そちらはどうですか?」の送信に「駄目です。涙」との返信。
8色辺りまで投げられれば、ポツポツ釣れるとのことですが、草履取りには夢のまた夢。
「佐田方面へ行ってみま~す。」と連絡し、午前8時、場所移動することにしました。




北西風の多い春先までは、釣りがし辛い敦賀半島西側。
風も穏やか、暖かくなった今はどうかな?
半島東側からの馬背峠には新しいトンネルが出来て快適に西側へ。
佐田まで南下する予定も、朝飯を食べるには最高のロケーション『水晶浜』で投げてみることにしました。


b0186119_1724165.jpg



水晶浜での一投目。
6色へ投入、3色辺りまでサビいて来ますが、アタリなし。
置き竿にして採り立て筍ゴハンのおにぎりでもいただきますか。

綺麗な海を見ながらの味は格別ですが、アタリはありません…。
水晶浜ではカレイが上がっているなんて情報もこの日は関係ないようで、、、

あ~美味しかった^^

腹ごしらえも出来たし、頑張ってみますかぁ。


続く二投目は斜め方向へ。
角度を変えて攻めてみますが、無反応。
例年ならGW頃には釣れ出すという水晶浜もまだ少し早いみたいです。


そこでIさんご夫妻が様子を見に来てくださいました^^
話をすると、丹生、白木方面でやってみようと-との事。
佐田で釣れたという話も聞かないし、ご一緒させていただくことにしました。




b0186119_17341669.jpg



ここ『丹生』で投げること1時間ほど…。
キスらしき小さなアタリはあったものの、ハリ掛りせずで集中力低下。

なにやら嫁が投げ練に励んでいたので、あれやこれやとアドバイス。
初めは「こう?」などと聞いてくれていた嫁も時間が経つにつれ「も~わからん!」と、逆切れ状態^^;
まぁ、投げれない草履取りが教えてるんだからわからんで当然だわな。笑
(いつかはIさんの奥様、N子さんのようにカッコ良く投げられるようになって欲しいなと思います)


その後、Iさんご夫妻は白木方面へ行くとの事。
「最後に松原でお会いしましょう」と、一時のお別れ。
草履取り夫婦は、半島東側手の浦~浦底、投げ釣りの方に話を聞いて情報収集。
どこで聞いても「渋いです」とのお話。朝方まで降っていた雨が影響しているのかな?


「ま~どこで投げても一緒なら浦底でやってみよかぁ?」
半ば諦めながら竿出ししようとしていたところへIさんからのEメール。
「結局○○へ来ました」との内容で「向かいます」と、投げることなく場所移動。

彷徨う=心や考えが決まらず迷う。思い迷う。落ち着かない

まさにこの日の草履取りを言うのだろうな。笑




このポイントでは、早々にN子さん、嫁にもキスの姿。
しかし、草履取りには、、、




b0186119_17254042.jpg



あsdfghjkl
メゴチのトリプルでがっくり。

朝5時半に一匹を釣って以来、8時間以上もキスの顔を見れていませんが何か?笑


こうなったら見事に散ってやる!
もう自棄糞になりながら高速竿サビキ。


すると、、、


ブルブル ブルブルルルゥ♪


b0186119_17264175.jpg



なんか知らんがWで釣れました。笑




その後、皆で『気比の松原』へ場所移動。
竿立てを忘れて、嫁と喧嘩をしながら元の場所へ戻るというロスもありましたが、
午後3時、最後はここ松原で一矢でも報いれれば…。


Iさんの横へ入らせていただいての第一投は左に抜けて5.5色。
「すみません」とIさんの反対側へ、早めの竿サビキで回収。


と思いきや、4色半の所で、、、ブルッ!ブルブル!!


マヂですか?


b0186119_1727851.jpg



大きくはありませんが、嬉しい松原でのキスとなりました。


前のポイントでのダブルとこの一匹は、共に早めの竿サビキで釣れたキス。
朝からずっとリールサビキで釣っていましたが、ひょっとして?!



続く二投目も5色半から横竿サビキ。
着底後、竿二本ほどサビいたところで今度は18cm!


b0186119_1727236.jpg



やっぱりこれが正解・・・?!
こんな違いで釣れるなんてことあるのかな?^^;


それを証明する為に3投目は、立て竿とリールサビキのミックス。
やっぱりアタリがありません。

4、5投目には方向を変えて横竿サビキ。
これもアタリなし。

これにてキスの居場所、釣り方がなんとなくですが分かりました。


b0186119_17273862.jpg



その後は、5色前後を中心に横竿サビキで攻めてWを含め5匹を追加。
夕方の時合いも重なった結果でしょうが、松原では2時間弱で7匹。
朝から合わせて計10匹の釣果を得、一時間ほどの投げ練後に納竿することになりました。




b0186119_17275929.jpg

<全釣果16匹>

草履取り10匹、嫁6匹
共に毎回の目標10匹、5匹をクリアできました♪
(↑↑↑ホントは20cmupをなのですが…笑)


この日は朝からいろんな意味で彷徨った一日でしたが、
最後の最後に“納得”できる釣りができて良かったです。
そして何よりIさんご夫妻とご一緒できたことは、本当に嬉しく、楽しい時間でした。



Iさん、N子さん

渋い中、一日お疲れ様でした。
また敦賀でお会いした際は、よろしくお願いいたします。
(バンバン釣れるようになったら夕餉もご一緒しましょう!)
楽しい時間をありがとうございました^^




さ~て、今夜の夕食は何食べようかな?
酒飲むぞ~~!!笑



長い文章、最後まで読んで下さりありがとうございました^^
放浪釣行初日を軽く撃沈したよしきちへ、ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
[PR]

by yoshikichi-v | 2010-05-10 17:59 | 福井県  

<< 一泊二日、投げ釣り敦賀釣行 釣... 投げキス開幕?! 知多半島への... >>