はじめての『木錘(ウッドシンカー)』

少し前の話になりますが、遠州灘へ出かけた時

『釣りバカ親子が行く!』

タカさんより木錘(ウッドシンカー)↓↓↓を譲っていただきました。
b0186119_1834221.jpg


早速その日、浜名湖にて試してみたところ、従来の錘(デルナー固定等)との違いに驚きました。


驚き其の一

『軽さ』

従来の錘だと、底べったりをずるずる引く為、どうしても引いた感じが重たいのですが、
木錘は、『木』を使っている為、浮力のある頭部分は浮いた状態で引かれる。
錘の接地面が少なければ、当然引き応えは軽くなる-ということだと思います。
(木を使用しているだけに回収時の浮き上がりも早いです。)


人間が引いた時に「軽い」ということは、魚が引っ張った時も当然「軽い」でしょうし、
伸びがほとんどないPEラインを使用する「引き釣り」では、食い込みにも好影響が望めそうだと感じました。

そして、

回収時の浮き上がりが早ければ、魚を掛けてから根(藻)に入られる率も少なくなるんだと思います。
(「掛かってたのに~」というハガユイ思いを何度もする僕にはありがたいことです。笑)


驚き其の二

『感度』

僕が言いたい「感度」は、アタリなどの感度ではなく、底質探知能力としての感度が凄いということです。
バス歴が長かったせいか、錘は、飛ばす、底を取る、以外に『底質を知る』役割を求めることが多く、
そういった意味で、この木錘は、普通の錘に比べて優れているのかな-と。
(理由は、これも錘の接地面積の違いからだとは思いますが、深くはわかりません。笑)

特に、

ある御方(Lさん)の竿で引かせていただいた時は驚きでした。
自分の竿だと掛け上がり、底質の違いしか分からなかったものが、
フラットの砂泥底が波を打っているのもわかりましたから。
錘以外の部分はもちろん大きいのでしょうが、
さすが最高峰の竿だなと(違っ)竿次第ではここまでわかるものなのだと…。


TOPトーナメンターの約半数が、場所、季節によっては大会でも使用するという木錘。
まだたった一度の使用しかしていませんが、そのポテンシャルには、ただただヒデキ感激。笑
来季、藻の中に大ギス潜む敦賀の海で使うのが楽しみでなりません。
(それまでに失わないかと勿体なくて使えません、、、笑)


いつも訪問ありがとうございます!
ランキングに参加中ですので、ポチッと応援も宜しくお願いしま~す。

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ




しかし、どんなに良い物にも短所はあるわけで・・・


・浮力がある分、流れに弱い。

・形状が大きくなる分、飛距離が出ない。

・回収時の巻取りが軽い分、投げた時のライントラブルが起きやすい。



などを感じました。


何事にもTPOは大切。
木錘も時、場所、場合を考えながら使いたいな-と思います(*^▽^*)/
[PR]

by yoshikichi-v | 2009-12-16 19:08 | タックル、仕掛け  

<< 予告:「釣りBAKA亭一門釣行会」 酔いどれ夫婦、カレイを狙って『... >>