晩秋尾鷲 DE 投げ釣りキス

21日、尾鷲釣行2日目?の朝。
思わぬ大物に遭遇した漁港を後にして、違う所へ場所替え。
本来のターゲット『キス』を狙っての投げ釣りです。
(東海地方の釣り情報満載ブログはコチラ

b0186119_15241882.jpg

もちろん、師匠でもある『釣りバカ親子が行く!』のタカさん、R君もご一緒。
(釣り場の詳細は、タカさんのブログをご覧下さい。)

前回は、同じ場所で釣りをしながら「釣れるトコね~がぁ~?」と、あっちウロウロ、こっちウロウロしてしまったので、
今回こそは、間近で御館と若の釣りを見て、何かを吸収したいところです。



釣り場に到着。
よしきち、嫁が「あ~だ。こ~だ。」言ってるうちに、御館、若はサクッと準備をして突堤へ。
この準備の早さ、見習わねば~

「はよせいよぉ」と嫁に催促すると、「トイレあるかなぁ?」と・・・
そういうことは移動する前に言いなさいな(-”-;

さっきまで居たトイレがある漁港まで戻り、用を済ませた後、遅ればせながら御館の元へ。
すると、ちょうど若の竿にキスからのアタリがあった模様。
すでに出遅れのドン臭夫婦は、急いでタックルをセットして投げ入れます。


数投後・・・


嫁が「釣れたぁ~」とニンマリ。
サイズを測ると16cm。またしても嫁に先を越されましたわ。

b0186119_15255485.jpg
b0186119_15261730.jpg


その後、僕も同サイズをゲットし、しばらくはピンギス(15cm以下)と戯れておりましたが、
ミオ筋の向こう側へ投入、深い側へ引いてくると必ずアタる場所を発見!!
20cmには届きませんでしたが、この日最大となる19、5cmが釣れました♪


b0186119_15274242.jpg


その場所で、単発射撃が身上の僕には珍しいトリプルも達成。
釣り上げた引数は10匹(嫁は7匹?)を超えましたが、20cmオーバーを求め、場所替えとしました。


向かった先は、タカさんの『実績場』という所。
この辺りから風が強くなってきた為、数投で切り上げましたが、
ずぼら夫婦では、到底竿を出さないような場所だっただけに、こういう所でも釣れるというのを勉強できました。


b0186119_15313137.jpg


その後、いくつかのポイントを教えていただき、最後に「良形が数出たらしい。」という所へ。
そこでは、「根が多いよ」と言いつつも、御館、若はテトラの上から悠々と投擲。
怖がり夫婦は、足場の良い場所からポチョンとチョイ○げ親父。
根やテトラをも恐れず投げ込める勇気は凄いなと感心しました。


そしてやっぱり最後は、投擲の素晴らしさ。
バックスペースがない場所にもかかわらず、回転投法で投げる様は見事という他なく、
自分もいつかはこのようになりたいなこのようになる為に練習せねば!と、強く思うのでした。

b0186119_15344742.jpg
<お持ち帰りキス6匹(他、メゴチ5匹、キュウセン1匹)>
(魚は嫁のご両親へ翌日お届け。美味しいといいな~)


たくさんの釣り場を教えていただき、様々な勉強をさせて頂いた今回の釣行。
残念ながらキス大漁!とまではいきませんでしたが、僕には、それ以上の収穫のある充実した釣行になりました。


タカさん、R君。
今回は同行させてもらい、本当にありがとうございました!
この収穫した種を実としてお披露目出来る様に頑張りますので、これからも色々と教えて下さいね!



いつも訪問ありがとうございます。
ランキングに参加中ですので、ポチッと応援もしてやって下さ~い。

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ


余談・・・

最後の漁港では、サビキ釣りで15cmほどのイワシが大漁。
サビキ仕掛けは持っていたものの、肝心のコマセはなし。
ブロックでなくてもいいから、アミエビは忍ばせておかねばと学習しました。

(渋滞からの脱出方法も・・・覚えないとね。苦笑)
[PR]

by yoshikichi-v | 2009-11-23 15:41 | 三重県  

<< 知多半島、釣れるも何も・・・ 巨大魚襲来!!の尾鷲釣行 >>