知多半島、チョイ投げキッス♪♪

10月11日。
まだ真っ暗な午前4時過ぎ、車に荷物を積み込んで自宅を出立。
向かった先は、知多半島。もうラスト?!の落ちギス調査でございます。

車を南へ走らせ、大高ICから知多半島道路へ。
知多半島道路を乗ってすぐに「阿久比IC出口工事中。降りられません」の文字。
b0186119_12514575.jpg
(全然、写っとれせんがね・・・)

知多半島に上陸した台風18号の凄まじさを目の当たりにして、一時間ほどで本日最初の調査場「内海新港」に到着。釣り座を確保し、タックルの準備をしながら、日の出を待ちます。
(ほんの少~しだけ、エギングしてみました、、、笑)

b0186119_1255297.jpg
b0186119_12553931.jpg


快晴だったこの日。彼方に神島や答志島を眺めながらの第一投。
気分同様、オモリも気持ち(だけは)良さそうに飛んでいきます、、、(笑)

3色付近で本日初の「プルプルプル」
型は小さそうですが、一投目からアタってくれるのは気持ちの良いもの。
少しサビいたところで可憐な魚体が付いていることを願いつつ、回収してみます。

・・・

しかし、そんな願いは通じず、一投目は空振り。
続く二投目、三投目もアタリはあるものの、乗ってはくれません。
その後も、アタリはときどきあるも乗らない状態が続き、徐々に釣り人も増えてきました。

僕の釣り座から遥か離れた右方向へ飛んでいくジェット爆撃機
その攻撃に耐えながら2匹のキスを手にするも、四度、五度の波状攻撃を受けて「参りました」と降参(^^;
港のすぐ横にある「千鳥ヶ浜海水浴場」へ疎開することにしました。

その疎開先は、人もまばらで至って平穏。
ワカサギサイズではありますが、素針はほとんどなく、毎投一匹はキスが付いてきてくれます。
しかし、人間は欲張りなもの。一向に上がらないサイズに業を煮やして午前10時、場所移動することにしました。

b0186119_132087.jpg
b0186119_1321232.jpg


移動先は、内海より少し南にある「つぶてヶ浦」という所。その南側にある小突堤に釣り座を構えます。
竿を出すのは初めてになりますが、地形、地質の変化も豊富で面白そうです。
つぶてヶ浦を地図でチェック!

まずは、テトラとシモリの間を狙って釣り開始。
するとすぐさま「プルプルプル」。根掛りが心配なのですぐさま巻き上げてみますが、こちらでもワカサギサイズでした。

その後もワカサギと戯れること、4~5投。
当然同行、本文初登場の天然嫁が1色未満で18cmキスを釣り上げ誇らしげ。
前回の敦賀でもアオリイカ大物賞を奪われているので、「これ以上調子に乗らせてなるものか!」と、僕も近投で攻めてみるも、僕に来るのはワカサギ未満のクチボソ級(苦笑)


潮が上げ止まり、アタリが少し途絶えたところで昼食Time。
持参したちらし寿司をパクリ。(青空の下、食べる弁当はホント気持ちいいねぇ~♪♪)


綺麗な風景を眺めながら一時間ほどリラックスして釣り再開。
すると、今度も嫁がいきなりの19cm。(コチラも力糸と少々の距離だったようです)
僕も負けじと攻めますが、この日の旦那は、すっかり小物ハンター化。小さなキスしか釣れません、、、(^^;

そこで、どうせまともなの釣れんなら-と、一考。
エギング用に持っていったバスロッドにキス天秤、ナス型オモリ3号をつけてチョイ投げ。
感度抜群、ワカサギサイズのプルプルでも十分楽しめます。

入れ掛かりを楽しむ旦那に「私にもやらせて~」と嫁。
その後は、交互にバスロッドをキャストしながら、キスのプルプルを楽しむのでした。

日も落ち始めた午後4時。
今年から本格的に投げ釣りを始め、この知多の海にもたくさんの楽しい思い出を残していただきました。
そんな感謝の気持ちを込めて、最後に投げ竿で一投。
この日は最後の最後までワカサギでしたが、僕も嫁も1匹ずつ手にして納竿。

来年もまたここ知多半島で楽しくキス釣りができますように!

b0186119_1393472.jpg
(お持ち帰りキス30匹 二人分)


その後・・・

師崎新堤のテトラでエギングを少々。
墨跡があるから釣れてるとは思うんだけど、いまだにイメージできないなぁ。

隣の人の電気ウキばっか見とりゃ当然だけどね~(笑)


「知多半島釣り情報」

サイズは選べませんが、各漁港、浜ではキスの数釣りが楽しめると思います。
中には、今回僕が訪れた場所のように20mほどのチョイ投げで釣れるような場所もあり、女性、お子様でも楽しめそう。
その際には、小さなハリを使用することをオススメします。(僕はSASAME・アスリートキス6~7号を使用)
エサは石ゴカイ。ハリと同じくらいの長さに付けると乗りがいいようです。
(注:これだと5cmほどのサイズまで釣れてしまうので、その辺りは臨機応変に…。)

その他では、10cm程度のメバルの群れを「つぶてヶ浦」で目撃。
もう少しすれば、エビエサ等でメバルの数釣りも楽しめるかもしれません。
「内海新港」では、グレやメバルが堤防の際で釣れていました。
中には、20cm以上のグレを上げてみえる方も…。
こちらもお手軽な釣りですので、ファミリーフィッシングにオススメです。

尚、朝夕はかなりの冷え込みが予想されますので、防寒対策をお忘れなく。

では、楽しい釣りを! 以上、知多半島釣り情報でした。



いつも訪問してくださりありがとうございます。
釣りにまで嫁に敵わなくなってきた僕に励ましのクリックを~~orz

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
[PR]

by yoshikichi-v | 2009-10-12 13:40 | 愛知県  

<< アメのち鞭か?!嫁から貰ったプ... キスに酔い、お酒に酔って、敦賀... >>