十五夜アオリ in 敦賀


10月3日~4日、前回の雪辱を果たすべく福井県・敦賀への釣行。
3日は、夜釣りでのアオリイカ。4日は、投げ釣りにてキスを狙います。

3日、午後2時半。いつも中華料理店にてランチをいただきながら、料理店のご家族に釣行を報告。
お父さんに「一番大きい寸胴空けて待ってるから」とプレッシャーを掛けられながらの出発です(^^;

いつもは高速で行く敦賀も、この日は下道。
以前は、毎日のように通った大江川の横を通り、これまた狂ったように出かけた琵琶湖へ続く関が原、木之本へのルート。懐かしい風景を楽しみながら、3時間余りでこの日の主戦場、敦賀・手の浦に到着です。

b0186119_2071878.jpg


十五夜だったこの日。
中秋の名月を眺めながら、「まずはエギングで乾杯!」と、意気込む旦那の横でエサ小アジを釣りまくる嫁。
前回の激抱きが脳裏をよぎりのハウスマヌカン。
「こりゃ、アジでやるっきゃないにゃろめ」と、5分でエギング終了(笑)ヤエン仕掛けに変更です。

前回同様、投げたら「ド~ン!」、入れたら「ア~ン♪」コラを繰り返すと思いきや、この日は、全くのアオリべた凪DAY。
「ア~ン♪」もなければ、「イヤ~ン♪♪」もなし。コラアゲイン
ぷるんぷるんと、エサのアジも気持ちよさげに泳いでますわ。

過ぎていく時間。増えていく小アジ、、、(笑)
途中、常連と思われるおじ様方や漁師さんとお話しますが、どちらの答えも「今年はイカが少ないよ」とのこと。

前回が最初で最後の大開放DAYだったのか?!
次の「抱き放題」イベント(笑)はいつ?!
な~んて少し酔っ払いながら、ぷるんぷるんをきょろんきょろんしていると(意味不明)
突然、リールが「ジャ~!!」

前回は、この時点でパニくってましたが、ここまではたくさん経験した分、この日は余裕。
「来たかちょうさん待ってたほい」ってな感じです。

でもね♪

アオリちゃんは、この日もつれない素振り。
ヤエンを入れるとプイッとどこかへ行ってしまいました(つれないな、なぁ~~orz)

アタらない分痛い。痛ちゅぎる。

ヤエン、やばい。ヤエン、つらい。

ってことで、ここからは電気ウキ泳がせ仕掛けも投入。
平凡パンチラッキーパンチでもいいから釣りたいところです。

その後・・・

1~2時間に数度ずつアタリはあるものの、掛けれない展開。(気温15℃、寒さも限界)
ここは素直に諦めて車で仮眠をすることも脳裏をよぎりましたが、それよりもズンズンズンと、お父さんの「寸胴」という言葉が押し寄せてきます。

いつもお世話になってる分、ここは期待に応えねば。

寒さを堪えながら、素手でアジをガシッと掴み(ただアジ網忘れただけなんですが、、、苦笑)
と~う!っと投入、待つことしばし。
今までは、ポカンと浮いていただけの6号電気ウキが沈んだり、浮いたりを繰り返してます。

「掛かっちょくれ~!!」と他力本願を念じながらウキを見つめていると、
目の前のヤエン仕掛けの竿が「ジャジャ~!!!!」
嫁にウキを見ておいてと頼み、自分はヤエンの竿を手に取ります。

慎重に寄せ、ヤエンを装着。
しようとしたら「重~~~~い!!」と、嫁。
勝手にアワセ、勝手に掛けちゃったみたい(苦笑)

ひとまずヤエン装着を止めて、ただ指を銜えて見ているだけの旦那。
しばらくした後、嫁が釣っちゃいましたアオリイカ。

b0186119_20241451.jpg


興奮の嫁。呆然の夫。
こないだよりも良いサイズでなんだか悔しい(笑)

けど、「俺にはまだヤエンがあるぜ!」と、気合を入れましたが、これはお決まりのスカ(--;
父ちゃん情けなくて涙がチョチョギレます。

その後「なんだか糸がフケるなぁ」なんて思いながら、リールを巻いてくると目の前にアオリがぷかり。
タモを近づけても逃げる気配がないので、タモで直接すくってやりました(笑)

b0186119_20261886.jpg


そんなこんなで気づけば月も山陰に、もうじき夜明けの午前5時。
結局エギどころかヤエンでもキャッチできませんでした・・・。トホホン

ヤエン、ムズカシちゅぎるぅ~~~orz

しかし・・・
寒いし、眠いし、こんなで投げ釣りできるのか???


つづく


いつも訪問ありがとうございます!
みなさまの応援が僕にとっての赤マムシ♪♪(笑)ポチンと応援クリックよろしくお願いしま~す!

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ



b0186119_20304359.jpg


あんたも好きね~(笑)

って、キモチワルイ写真ですみません。

しか~し、海毛虫って泳ぐんですね(--;オエ
[PR]

by yoshikichi-v | 2009-10-05 20:35 | 福井県  

<< 天然子供店長と天然良形キス i... 注意一秒、怪我一生・・・ >>