矢作鮎、釣果は雨のち快晴

8月21日、この日は嫁の仕事がお休み、自分の仕事も暇ということで、前回同様
愛知県・矢作川へ鮎の友釣りに行ってきました。

自宅を午前5時半に出発。
目指すは、前回よりも少し下流に位置する、小渡ヤナ・下流のポイントです。

b0186119_12521161.jpg


ここは、休日ともなれば人、人、人の人気場所ですが、
向かった21日は平日、「さすがに今日はのんびり竿が出せるでしょ。」そう思っての入川です。

しかし、その考えが甘かった・・・

釣り開始から1時間ほど経過した午前8時半には釣り人も増え、
僕らの竿を出せるスペースは、瀬頭周辺の一部だけに。

こうなるともう釣り歩くなんてことはできず、同じ場所で粘るのみ…。
しかし、群れ鮎の姿はあるも、一向に掛かる気配はありません。

過ぎていく時間・・・

嫁は、普段誰も竿を出さないであろう、水深のない緩やかな流れで、群れ鮎を3匹ほど掛けたようですが、
一等地で釣りをしていた僕は、普段からプレッシャーが高いためか、追いはあっても掛かるまでにいたらず…。

そんな感じで正午前を迎えてしまいました。


弱りきった養殖オトリ。
午後からの天気は下り坂という予報なので、ここで撤収もアリという状況ではあるものの、
さすがにボウズでは帰りたくない!
ということで、嫁の天然3匹を持って、前回の小渡・クラブ下へ場所移動することにします。

b0186119_13145992.jpg

<鮎はいるかな? トンボと一緒に川見>

現場に到着すると、ここは最初のヤナ下とは打って変わって釣り人の姿は皆無。
前回悩まされた水遊びをする人たちも全くいません。

これは大チャンス!!

ささっと昼食を摂り、前回調子の良かった背尻を中心に攻めることにします。


さすがに釣り始めは、天然とはいえ小さな群れ鮎オトリのため反応はありませんでしたが、
10分後、背バリを打って沈めてやると、

「カッ ゴゴゴゴン!」

本日初の明確なアタリから引き抜いたのは、15cmほどの小ぶりながらまっ黄、黄の鮎。


(やっと釣れたぁ~~、、、涙)
内心はそんな感じでしたが、嫁には一言「やっとだわ」、そう告げてクールに新しいオトリを送り出します(笑)

その後、入れ掛りこそないものの、ポツポツと鮎を釣り上げ迎えた午後4時、
1匹の鮎を釣り上げたことでドラマがおきます。


その前に20cmほどの良形を手にしていたので、
流れの中を腰まで立ちこみ、小さい鮎では入らない強い流れを攻めてみることに。

上方には木の枝・・・
ラインを引っ掛けないように気をつけながらオトリを遊動します。

すると・・・

「ガガガガガン!!!!」

今までの鮎とは明らかに違うアタリに目印が吹き飛びました。


強烈な引きに竿を立てて耐えながら、自らも下流へ下り主導権を握ります。
なかなか浮き上がってこないことで良形と察知。
慎重に寄せて浮き上がったところを一気に引き抜き!!
無事、タモの中に納まったのは、本日最大22cmの良形鮎でした。
(自宅にて計測。釣ったときにはもう少しあると思ったんだけどな、、、笑)

その後、この鮎をオトリにしたところから1時間で7匹と、
善く言えば追い上げ、悪く言えば帳尻合わせ(笑)の好釣果。
納竿した午後5時には12匹の天然鮎を手にしてツ超え、雨のち快晴の満足いく釣行となりました♪
(一方、嫁も背脇の岩盤を攻めて、午前と合わせて8匹の鮎を手にし、成長の程をみせてくれました)

b0186119_1421721.jpg

<上:21日の釣果、下:最大22cmの鮎>


b0186119_14224957.jpg

<21日、お持ち帰り分17匹(メザシサイズはリリースしてきました)>


b0186119_14244754.jpg

<我が家の食卓>

17匹中、10匹はご近所さんにお裾分け。
美味しそうな22cm鮎は、鮎の塩焼き大好きな母親に、、、しゃあないで食べさせてやった…笑
今回の鮎は前回と違いお腹も甘く良いお味。
「いいコケ食んでるねぇ~♪♪」な感じでしたよ。

前回に比べて全体的にサイズはひと回り大きくなりましたが、
まだ産卵色は出ていないし、鮎そのものは若い感じ。
まだまだ今後の矢作川も楽しませてくれそうです!!



「帳尻合わせ上手だねぇ」と、思った貴方!!ポチッとよろしくお願いしま~す。
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
[PR]

by yoshikichi-v | 2009-08-22 14:39 | 愛知県  

<< 甲子園、激闘に幕 わくわく釣具店 ~これで大物釣... >>