海の日、敦賀でノックアウト負け


いつも訪問アンド応援してくださりありがとうございます。
「海の日」と聞くとパチンコ海物語のイベントを想像してしまうおバカなよしきちでございます。

ランキングに参加中。ポチッと応援の程よろしくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

b0186119_1742635.jpg


7月20日(海の日)は、先週に引き続いて福井県敦賀半島への釣行。
名古屋を出立したのは、海大解放day海の日を翌日に控えた19日、前回調子の良かった夜釣りメバルをまずは狙おうとの魂胆です。

しかし、この日の敦賀半島(浦底、手の浦)は前回とは少し感じが違いました。
潮が動いたかと思えば、10分経たないうちに流れが止まってしまう状態。
そのせいなのか、メバルらしきアタリは全て知多半島サイズ。キープできない時間が続きます。
それでも棚を変え、変え、何度も打ち返し、ようやく17cm程度のメバルをキャッチ。
後よ続け!と願いましたが、探れど探れど子メバルのみ。
次に嫁が22cmメバルをキャッチするまでに1時間以上の時間を要するのでした。

そのメバルも単発に終わったAM3:30。
まだ夜明けには少しあるものの、乗れない流れを打破すべく投げ釣りをスタートさせます。

一投目。

「暗いし、まだアタらんだろなぁ…」
そんな予想を覆すキスらしき大きなアタリ!!
竿先の反応から大物の予感すら漂ってきます。

これは大チャンス。少しだけサビいて追い食いを狙ってみます。

しかし、この「欲」がいけませんでした。
サビくことハンドル5回転程で痛恨の藻もぐり。
しゃくっても外れることはなく、力糸からのラインブレイク。さらに嫌な流れになってしまいました。

しかし、それでも集中力を切らすことなくアタリが出た100mラインを攻めてみます。
すると4投目。
今までの投げ釣りでは味わったことがないような大アタリ!!
今度は、藻に潜らないようすぐさま巻き上げます。
竿に伝わる大きな生命感。
魚種は定かでないものの、大物に違いなさそうです。

「デカイて。」

嫁にそう伝え、万が一の為に用意していたタモを準備させようとした次の瞬間・・・

「プンッ」

竿先からは、生命感が消えてしまいました。

続けざまのバラシに呆然としながらラインを回収すると、今度は見事にハリス切れ。
どうせ釣れ~せんわ-と、通常通りのハリス1号で挑んだ僕が馬鹿でした。

その後、日の出と共に時合い突入も、その時間はわずか30分ほど。
赤ベラパレードに突入したAM9:00の車には、数、型共に嫁にまで打ちのめされ、4回戦ボーイのようにシートに倒れ込む僕がいました。


日付:7月19日~20日(中潮) PM11:30~AM9:00
場所:敦賀半島(浦底、手の浦周辺)

釣果:シロギス ~20cm×13匹(自身6匹)
    メバル ~22cm×11匹(自身7匹)
    ベラ ×入れ食い
    メゴチ ~18cm×1匹
    チャリコ などなど

ロッド:シマノ エアロキャスト405EX、サーフリーダーFV405EX
リール:シマノ スーパーエアロGT5000、スーパーエアロEV
ライン:ダイワ サーフセンサー+Si 1号、2号(力糸3~12号)
天秤:デルナー27号、25号
仕掛け:SASAME アスリートキス7号50本連結(2本バリ)
エサ:石ゴカイ、青イソメ


「明日があるさ」と励ましてくれる貴方!ポチッと励まし宜しくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

    
[PR]

by yoshikichi-v | 2009-07-20 18:02 | 福井県  

<< 日食? non 実食!です。 九号地でGulp! >>