シロギス調査 in 知多半島Day2

6月17日、仕事が流れた為、知多半島へ二日続けてのシロギス調査へ行ってきました。
(前日の釣果はコチラ

入ったポイントは前日(南知多病院)よりも若干南からのスタート。
理由は、前日の下見で潮通しが良さ気に感じたからです。
しかし、数投するも反応なし。底の状態も良くない感じ(泥っぽい?)でしたので、すぐさま移動することにします。
向かった先は、前日調子の良かった「南知多病院」周辺。
(やっぱり釣れた所に足が向いてしまいます…笑)

こちらのポイントでは、先ほどと違い一投目、80mラインで置き竿に明確なアタリ。

でしたが、上がってきたのは15cmクラスのメゴチ。
前日は1匹もメゴチが釣れなかった為、少し不安な気持ちに…。

そんな不安が的中したのか、それ以降パタッとアタリが止まってしまいます。
たまにアタったかと思えば、ハリはなし。釣れたと思えば、フグフグフグ
途中、遊びに来ていたスリランカ人のお兄さん(とっても楽しい人でした)に
「フグはそのまま食べるのですか?」と聞かれる始末(^^;
前日もフグは大漁だったのですが(仕掛けを20組程交換しました…苦笑)、この日は前日の50m付近よりさらに沖、80m以上でもフグが食ってくる感じです。

そんなこんなでフグと格闘をし続けること2時間余り(汗)、フグとは比べ物にならないほど小さなアタリを捉え、やっとこさ13cmの本命を1匹手にします。
前日と同じならば、「アタリなし→フグ→キス→キス→キス→フグ→アタリなし」という感じだったのでここからに期待しますが、この日はその後、全くのノー感じ。フグのアタリすら無くなってしまいました。

時間はもう夕方の5時過ぎ。
夕マズメを狙って場所移動するかしまいか・・・
同じ釣れないならハゼ、メゴチは釣れるであろう内海方面に行き、一発大物狙いも頭をよぎりましたが、同じ様なことを繰り返しても意味が無いと思い、なぜ前日は釣れて、今日は釣れないのかを考えながら続行することにします。


まず初めに考えられるのが「天候」。

前日は荒れ模様(正面からの東南の風)だったのに対し、この日は晴天、無風(ときどき背後からの北西の風)
バス釣り等では、風の当たる側を攻めろ-とよく言われるけれど、キス釣りでも同じなのか?


次に考えたのが「気温」。

この日は、体感温度からして前日と比べて気温は高いはず。
浅場のポイントでは水温上昇が激しいため、キスは沖合いに移動したのか?
(実際、フグは前日に比べて沖で釣れている)


その次が「仕掛け」。

なんらかの理由で活性が落ちたキスに対し、オモリからハリまでの距離は関係するのでは?
これは、後から分かることですが、実際キスが食ってくるハリは全て一番下でした。


そんなことを考えながら釣り続けること数十分。
プルプルとしたキス独特のアタリから上がってきたのは、先程よりひと回り大きい16cm程の本命シロギス。
いつもは竿でサビいてくるスタンスだけれど、この1匹がリールサビキできたので、その後は竿を鋭角に保ち、リールでサビくことに。
すると、80m付近にある藻を抜けたときにアタリが集中。
さすがに前日と違いWとかはないけれど、1、2投で一匹のペースで上がり、最終的には7匹の釣果となりました。

同じ場所、同じ仕掛けに同じエサ。
それでも釣果に倍の差が出るのですから、やっぱ釣りは難しいです。
でも、色々と考えながら釣りをできたので、まずまず楽しいシロギス調査となりました。


日付:6月17日(長潮) PM12:00~PM7:00
場所:知多半島、南知多病院付近海岸
ロッド:シマノ 投げ竿(振出)405EX
リール:シマノ 投げ専用リール
仕掛け:SASAMEアスリートキス50連結7号(2本バリで使用)、アスリートキス7号自作3本バリ
オモリ:海草27号
エサ:石ゴカイ
投点:80m~100mにてアタリが集中

釣果

シロギス ~19cm 7匹
メゴチ 15cm 1匹
フグ ~20cm 仕掛け15本取られるほど(苦笑)


写真撮るのを忘れたのに気づいたのは胃袋に到達した後でした(^^;

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
[PR]

by yoshikichi-v | 2009-06-18 12:18 | 愛知県  

<< ファミリーフィッシング in ... シロギス調査 in 知多半島 >>