シロギスを求めて

6月2日、浜名湖釣行で余った石ゴカイを手にシロギスを求めて吉崎海岸へ行ってきました。
釣り場の風景は↓↓↓な感じ。
b0186119_9573153.jpg

朝10時、親方(親父)の許しを得て(というか強引に…笑)名古屋を出発。
普段は節約のため国道23号をひた走りますが、この日は平日の昼間ってことで伊勢湾岸道を使い1時間少々で現地に到着。
風も穏やかで絶好の投げ釣り日和な感じ。とはいえ、そこは投げ釣りなんてほとんどしたことがないへっぽこ釣り師なよしきち。本当に投げ釣り日和なのかはわかりませんが(笑)気分だけは「なんだか釣れる気がするぅ~」なのです。

そんなルンルン気分で第1投。
どりゃぁ~~!!
とりあえずおもくそブン投げてみます。

1色・・・2色・・・3色・・・4色・・・

力糸と合わせれば120mは飛んだな。と自己満足。

が・・・

ラインを見るとかな~~り左へ飛んじゃってます(^^;
でもいいんです。釣れる気だけはしてるから(笑)
とりあえず少しサビキ、かけ上がりっぽい所で仕掛けを落ち着かせて2本目の竿の仕掛けを作ります。

すると、すぐさま1本目の竿に「プルプル」とした反応が!!
こ、このアタリはキスに違いない・・・。ほっとけば2匹、3匹と掛かるはず。
そんなポジティブ思考で2本目の仕掛けを作り、今度は正確に真っ直ぐ50~60m程の距離へ投げ込みます。

そして緊張の巻き取り。果たしてキスは3匹(3本針なので)付いているのか・・・

11:34:48 AM ピッ

11:34:49 AM ピッ

11:34:50 AM ピッ

11:34:51 AM ピッ

米ドラマ24な感じな緊張感の中リールを巻き上げると何やら重たい。
浮き上がったオモリの後ろには明らかに生物が付いている。しかも3つとも♪

こ、これは~~~~!!!!

釣り上げてみると、そこには約5cmのメゴチとカレイ、そしてヒトデが付いておりました。
大統領~~~~!!
あの明確なアタリは何?! メゴチ???(T T)

その後は、投げども投げども子メゴチとコースターにもならない子ガレイのオンパレード。
止めてはダメなのかと延々サビいてみるもノーフィッシュ。
午後2時を過ぎたあたりから強風になり、全然投げ釣り日和でなくなる中、微かなアタリを拾ってキスを2匹ゲットし、なんとかボウズだけは免れましたとさ…。
b0186119_117495.jpg

↑↑↑16cmのキス、飲み込まれて死んでしまった子メゴチとピンギスはお持ち帰り。
一番大きなタケノコメバルは磯崎漁港で釣り上げたおじさんがくれました(笑)


釣果:キス ~16cm×2
    メゴチ ~10cm×10数匹
    カレイ ~5cm×数匹

仕掛け:投げ竿4m5cm、オモリ25号、投げ釣り仕掛け特価品3本バリ

投点:この日は50m~70mでキスが釣れました。
ある程度の投げ竿があれば、女性、子供でも大丈夫かもです。

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
[PR]

by yoshikichi-v | 2009-06-03 11:48 | 三重県  

<< シロギスを求めて2 名港~浜名湖釣り歩き >>